<阪神キャンプ>初の紅白戦 藤浪と大山がアピール

<藤浪>

春のキャンプというのは、シーズンに向けて、状態をあげていくのが一番だと思うので
しっかり、まず、バランスよく今取り組んでいることを崩さないように、
実戦だからと力んでしまいがちなのでそこを崩さないようにと思って取り組みました。

プロ6年目のシーズンを迎える、
阪神・藤浪が、紅白戦、紅組の2番手で登板。
「バランスよく投げることを意識した」という本人の言葉通り、
2イニングを投げ、打者10人に対しフォアボールはゼロ。
2点を失ったものの、安定感のある投球で初実戦を終えました。

一方、野手では、4番候補のロサリオが来日初ヒットを含む、2安打。
また、2年目の大山は、初実戦でいきなりの3安打。レギュラー定着へ、アピールを続けます。

<大山>

試合だけじゃなく、練習からアピールしていければと思っています。

プロ野球情報は、
読売テレビ 朝生ワイド す・またん! で放送中