【総理大臣杯サッカー準決勝②】因縁の対決 ~雪辱かそれとも返り討ちか~

今年で41回目をむかえる歴史と伝統ある大会、「総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」。
準決勝第2試合は、2013年・14年の優勝校・流通経済大学(関東第5代表)と去年の優勝校・明治大学(関東第7代表)との対戦。

去年は、総理大臣杯の本戦に出場できなかった流経大。実は一昨年も、この準決勝で明治大に敗退しており、いわば因縁の相手との一戦。
J1川崎内定のMF⑤守田を中心とした守備力の高いチームという印象だが、ユニバーシアード日本代表でチーム得点王に輝いたFW⑩ジャーメインを筆頭に前線にもタレントが揃っており、総合力の高さで3年越しの雪辱を誓う。

一方、関東第7代表となってしまったため一回戦からのスタートとなった、ディフェンディングチャンピオンの明治大。
堅い守備から一転、すばやく攻撃へと繋げるカウンターサッカーで見事ベスト4入りを果たした。
注目は準々決勝で決勝ゴールを挙げたキャプテン・FW⑩木戸。木戸は一昨年、去年と2年連続でこの大会でケガをしてしまうなど、いまだ不完全燃焼。
最終学年の今年、その悔しさを連覇の二文字ではらす。

過密日程のこの大会、次が4試合目の明治大と、3試合目の流経大。
連戦の疲労を考慮したベンチワークが、勝利のカギを握る。

—————————–
準決勝2試合 流通経済大学vs明治大学 9月8日18:00- キックオフ!
ライブ配信はこちら:http://ytv-athlete.jp/live/pmc/283
—————————–
9月10日の決勝戦は、当日深夜1時32分〜読売テレビでオンエア!
(放送時間が変更になる可能性があります)
—————————–