155
   2017年9月30日放送
 

【アメリカンフットボール】パナソニックインパルス 横田 惇 26歳「日本人離れしたパワーで目指す、日本一」

前線で繰り広げられる激しい攻防。相手のタックルを受けながら一歩でも前に進む。
アメリカンフットボールは肉体と肉体が激しくぶつかる競技です。今回の“あすリート”横田惇選手のポジションはそんな肉弾戦をかいくぐってボールを運ぶランニングバック。
インパルスのキープレイヤーです。ランとパスをバランスよく組み立てるチームにおいて勝負のカギを握る横田選手。2年前のシーズンではチームを日本一に導きMVPも獲得しました。
そんな彼が取り組んだのが肉体改造。スピードが求められるポジションでありながら、90キロ近い体重でも高いポテンシャルを保つことに成功しました。
助っ人外国人が参加するようになった社会人アメリカンフットボールリーグで、外国人選手にも引けを取らないレベルでプレーしています。
MVPを取った選手だからこそみんなの目標にならないといけない。
肉体も精神も成長して王者奪還に燃える横田選手に密着しました。