105
   2016年10月15日放送
 

【山岳競技】 スハラクライミングジム所属 一宮 大介 22歳

東京五輪で正式競技となったスポーツクライミングには
「ボルダリング・リード・スピード」の3種目があります。
このボルダリング・リード種目で有望な若手クライマーが、
宝塚市在住の一宮大介選手。
身長は162cmと決して体格に恵まれているとはいえませんが
大学1年生の時にはアジアユース選手権で銅メダル。
昨年の和歌山国体では、山岳競技青年男子の部で優勝した実力者です。

「もっとフリークライミングを広めたい」と
スポーツクライミングのみならず、ロッククライミングでも世界と戦う22歳。
その夢は「人々の記憶に残るようなクライマー」になること。
小さな体に宿る強靭な筋力と、ダイナミックな動きは一目見る価値ありです!