【陸上競技】日本インカレ Day 1 女子1500m、女子やり投げ、女子400m 他

学生ナンバーワンを決める対校選手権

天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(通称:日本インカレ)」
89回目の舞台は、新潟・デンカビッグスワンスタジアムです。
種目ごとの個人成績と、チームによる対校得点を競い、男子の総合優勝チームには天皇賜盃、女子の総合優勝チームには秩父宮妃杯が贈られます。
母校の誇りを胸に競い合う選手たちの熱い戦い、関西勢、関西出身選手の活躍を中心に試合の動画をお届けします。
※ 新型コロナウイルス感染症対策のため無観客での開催です。


 ◇ 主 催:日本学生陸上競技連合
 ◇ 後 援:新潟県、新潟県教育委員会、新潟市、新潟市教育委員会
 ◇ 協 賛:ミズノ株式会社
 ◇ 期 日:2020 / 9 / 11(金)〜 9 / 13(日)
 ◇ 会 場:デンカビッグスワンスタジアム(新潟県・新潟市)


高松智美ムセンビが2年ぶり2度目の優勝

女子1500m決勝は大阪薫英女子高出身の高松智美ムセンビ選手(名城大3年)が4分23秒18で2年ぶり2度目の優勝を飾りました。
同じ名城大学の同級生 和田有菜選手とのワンツーフィニッシュ!
鐘が鳴ってからラストの400m、最初に仕掛けたのは樺沢和佳奈選手(慶應大)、これに反応してスパート合戦が始まります。
小さな身体を大きく使ってムセンビ選手が躍動します。
同じスタジアムで10月に日本選手権が開催されます。
同じ関西出身、高校駅伝でしのぎを削ってきた同い年の田中希実(豊田自動織機TC)との対決が楽しみです。

公式リザルト

     

やり投げ 大阪体育大学が男女とも表彰台に!

女子やり投げ、武本紗栄選手(大阪体育大学3年)が最終4投目、自身3年ぶりの自己ベストを更新する57m43を投げ2位、
インターハイチャンピオンが久々に全国大会の表彰台に上がりました。
武本選手は市立尼崎高の出身、8月のセイコーゴールデングランプリで復活優勝を遂げたディーン元気選手(ロンドン五輪代表)の後輩です。
「ディーンさんは神です」という武本、大先輩に復活に刺激を受けたのでしょうか。
男子も同じ大阪体育大学の坂本達哉選手が73m96を投げ優勝しました。

公式リザルト(女子)
公式リザルト(男子)

     

女子400m 関西の二強が悔しい3位と6位

この種目、2018年の日本選手権を制した川田朱夏選手(東大阪大3年)、昨年の日本インカレ2位の塩見綾乃選手(立命館大3年)がともに決勝に進出。
タイムレースとなった予選をトップ通過した川田選手でしたが後半、高島咲季選手(青山学院大1年)らにラスト70mでつかまり3位、塩見選手は6位と悔しいレースとなりました。

公式リザルト

     

引き続き、大会2日目の動画をアップ予定です。