322
   2020年12月12日放送
 

【陸上/走幅跳び&110mH】規格外!スーパー高校生 藤原孝輝はゲキテキ進化中

藤原 孝輝(ふじはら こうき) 18歳

滋賀・草津市出身 2002年5月31日 生まれ
身長198cm 洛南高校
自己ベスト 走幅跳  8m12cm(高校新記録/日本歴代9位タイ)
      110mH 13秒95(高校歴代7位)

陸上界のモンスター高校生!京都洛南高の藤原孝輝選手!

小学2年生から陸上を始めると、中学2年生から110mHを専門種目とし、高校に入学してから走幅跳に取り組み始めました。
全国に衝撃を与えたのは昨年の夏、沖縄で行われたインターハイ。
189cmの長身を生かしたビッグジャンプの記録は驚異の「8m12cm」!
高校生が8m超えのジャンプを記録したのは史上初の出来事、しかもこの大記録を本格的に取り組み始めてたったの1年半で成し遂げてしまいました。

一気に日本のトップクラスに躍進した藤原選手。
しかし、今の日本のロングジャンプは世界に近づくハイレベル!
ロンドン五輪・リオ五輪と出場すらできなかった男子走幅跳ですが、今や参加標準記録を突破している選手は日本記録保持者の城山正太郎選手(8m40cm)、世界選手権で日本人初の入賞を果たした橋岡優輝選手(8m32cm)らを含めて3人!
メダルも視界に入るほどハイレベルな争いになっています。

東京オリンピックの延期を受けて、「チャンス!」と前向きにとらえる藤原選手。
参加標準記録まであと10cm。
4年後のパリ五輪ではなく来年の東京五輪を目指すスーパー高校生を紹介します!