【阪神タイガース】西 勇輝 “虎の開幕投手”がOP戦で初先発「チームの為に頑張りたい!」

阪神キャンプ第5クール初日。
中日ドラゴンスのキャンプ地・北谷公園野球場でOP戦の初戦が行われました。

中日対阪神のオープン戦が行われた北谷公園野球場


試合は、すでに矢野監督から開幕投手に指名されている移籍2年目の西勇輝投手がオープン戦初先発。

初回は、1番2番と順調に打ち取るも3番福田にレフト前ヒットを許す展開。しかし4番ビシエドをカーブで空振り三振に仕留め順調な立ち上がりを見せます。続く2回は、中日6番平田にレフトへソロホームランを浴びます。西投手はこの日2イニングを投げ打者8人に対して3安打1失点と課題が残る登板となりました。

FA移籍1年目の昨季は26試合に登板して10勝8敗とチーム最多の勝星を記録した虎のエース。3月20日に開幕するヤクルト戦に向け調整を続けていきます。

西勇輝 インタビュー


Q.OP戦、2イニングを投げ終えてー
いつもとは違う配球で課題も見つかったので、その課題をつぶしていくだけなので怪我なく投げられていることに感謝しながらやっていきたいと思います。

Q.いつもと違う配球というのは?
開幕(先発)を監督に言われているので、ヤクルトのスコアラーとかも来ていると思うので手の内明かすではないですけど、なるべくいつもと違った配球をすることによって惑わせる事もできるのかなって思いましたし、自分の中の引き出しも増えるので良い方向にいくのかなって思ってやっていました。

Q.投げてみて良かった点は?
カーブもそうですし、全体的に変化球が入ったこともそうですけど坂本が出した配球に対して応える事ができたのかなって思います。

Q.キャンプを行ってきて手応えや課題は?
今年のオフは、筋力アップをと瞬発系のトレーニングもそうですし11月~2月までしっかり鍛える事ができたのでこの疲労感が抜けた3月の中旬から体がどのように変化していくのか楽しみ。今は疲れている中で最低限のパフォーマンスが出来たので課題が出来たので課題に残ったことはつぶしていってしっかり開幕に合わせていけたら良いなと思います。

Q.開幕投手に指名された気持ちは?
純粋に嬉しいですし、チームの為に頑張りたいなと思いました。

Q.開幕があと1か月に迫りましたがそこに向けては?
怪我することが一番駄目ですし、自分の中の最大パフォーマンスを出せるような調整をしてチームの為に頑張っていきたいなと思います。