【オリックスバファローズ】復活にかけるT-岡田選手 家事を手伝い奥さんの大変さを実感。

緊急事態宣言が1か月延長される方針が固められるなど、まだまだ厳しい日々が続く中、今シーズンに人一倍強い思いを持って挑むプロ15年目、T-岡田選手が大阪・舞洲の球団施設で精力的に汗を流しました。

復活をかけた勝負の年

去年はプエルトリコへ武者修行


みなさんT-岡田選手の「T」の由来を知っていますか?
1つは本名である貴弘(たかひろ)のTなんですが、もう1つは豪快なバッティングを例えたティラノサウルスの学名表記「T.rex」から来ているんです。

そんなT-岡田選手はプロ5年目、22歳の時に33本塁打を放ちホームラン王を獲得。その後もチームの「顔」としてチームを牽引してきましたが、ここ数年は低迷していました。昨シーズンオフにはFAを宣言して、チームを去る可能性もありましたが、残留して「生涯オリックス」を宣言。

さらに、若手選手の修行の場であるプエルトリコのウィンターリーグに参加し、鈴木優投手、漆原投手、通訳と4人で自炊生活をしながら異国の地でがむしゃらにバットを振り続けました。その結果、オープン戦でも3本のホームランを放つなど、復活へ向け順調な仕上がりを見せます。

プロ15年目 今年で32歳


活動自粛期間中の家での過ごし方を聞いてみると、「家事を手伝うことが多くなりました。普段シーズンが始まったら中々できないので。この時期だから手伝えることで、改めて奥さんの大変さをちょっと分かってきましたね」とコメント。T-岡田選手が洗濯している姿、見てみたいですね。

最近インスタグラムでもライブ配信を始めたT-岡田選手。ファンの質問にも答えているので、みなさんも参加してみてはいかがでしょうか?
インスタアカウントは okada_takahiro_official

外出が制限されている子ども達へは「本当になかなか外に行けなくて、ストレスが溜まったりすると思いますけど、開幕したら思う存分楽しんでもらえるように、僕らも頑張るので、今はしっかり我慢してください」とメッセージ。
改めて今シーズンの目標を聞いてみると「なかなか難しいと思いますけど、開幕が遅れて、でもやることは一緒なんで優勝を目指して良い成績を残せるように頑張りたいと思います」と6年前に成し遂げられなかった優勝にもう一度挑戦。

守備位置の1塁には外国人のモヤ選手、ロドリゲス選手とライバルが多数いますが、多くのファンがT-岡田選手の特大ホームランをみたいと思っているはず。今ジーズンの復活に大いに期待です!

T-岡田選手インタビュー

最近は家事を手伝っています


Q.今の練習のテーマは?
とにかくレベルアップすることを心掛けて、しっかり身体を動かしてます。

Q.具体的にどんな練習を?
最初にトレーニングして、それをしっかり野球の動作に繋げられるようにノックを受けたり、バッティングをしたりしています。

Q.新しく取り組んでいる練習は?
その日その日の体調に合わせて、こんな動きがいいんじゃないかなど、試しながらやっているところですね。新しくコレに取り組むということはないです。

Q.家での過ごし方は?
家事を手伝うことが多くなりました。普段シーズンが始まったら中々できないので。本当にこの時期だから手伝えることなので、改めて奥さんの大変さをちょっと分かってきましたね。

Q.家でできるオススメのトレーニングは?
室内でもヨガマット敷いたりしたらできるので、体幹トレーニングは非常に良いと思います。

Q.今シーズンの目標、意気込みを。
なかなか難しいと思いますけど、開幕が遅れてもやることは一緒なんで、優勝を目指して良い成績を残せるように頑張りたいと思います。

Q.外出自粛中の子ども達へメッセージを。
本当になかなか外に行けなくて、ストレスが溜まったりすると思いますけど、開幕したら思う存分楽しんでもらえるように、僕らも頑張るので今はしっかり我慢してください。

T-岡田選手 T-Okada プロフィール



1988年2月9日生まれ 32歳
大阪府出身 履正社高〜オリックス(高ドラフト1位・06年)
左投左打
身長187㎝/体重100㎏
ポジション:一塁手、左翼手