【オリックス・バファローズ】明日キャンプイン!昨シーズン首位打者の吉田正尚が〝神の子″田中将大投手との対戦熱望!!

オリックスキャンプ地・宮崎市SOKKENスタジアム

いよいよ明日2月1日、プロ野球がキャンプイン。
今年のキャンプは新型コロナウィルス感染拡大の影響で、無観客で行われます。
オリックスのキャンプ地・宮崎は抜けるような青空が広がり快晴。前日に宮崎入りした選手たちがSOKKENスタジアムで自主トレを行いました。

1月30日にキャンプ地宮崎入りをした吉田正尚選手

フリーバッティングで快音を響かせたのは今年から選手会長に就任したプロ6年目の主砲・吉田正尚外野手(27)。昨シーズンは自身初の首位打者(打率 .350)のタイトルを獲得。チームの大黒柱へと成長したスラッガーがキャンプインを前に心境を語りました。

昨シーズンは自身初の首位打者のタイトル獲得

楽天に復帰した田中将大投手(32)に対しては「(2013年)日本で連勝記録を作って(メジャーに)行った方。なかなか塗り替えられるような記録ではない。1人で(シーズン)貯金24作っているんですから」とリスペクトを表します。当時、吉田選手は青学大2年で田中将大投手と対戦経験はありません。それでも"神の子"と呼ばれた大投手に対して「対戦する機会があったら、チームに勝ちをつけられるように頑張りたい」と必勝を宣言しました。

神の子・田中将大投手との対戦を熱望!

また選手会長として迎える今シーズン、「チームとしては優勝を。(2年連続最下位で)上しかないので、そこを目指して。個人としてはタイトル争いに加われるように。全ての面で1番を目指したい。僕らは最下位なので、どこのチームにも勝ち越す勢いじゃないと。どこのチームにも(試合を)落とせない」と早くもチームリーダーらしい発言。3年連続全試合出場中吉田選手はキャンプのテーマを「ケガなく、1日も無駄にせず『うまくなろう』と向上心を持って」と気合十分。

明日からの1カ月間、充実したキャンプを経て、頂点を目指します。

吉田正尚選手 インタビュー



Q.いよいよキャンプインですがどんな心境ですか?
A.もう始まったなぁという感じで、天気も良くて、良いスタートができそうです。 

Q.体調やコンディションはどうですか?
A.そうですね。1月からしっかり体を動かしていましたし、しっかり初日から動ける準備はしてきました。

Q.オフはどんなトレーニングをしていましたか?
A.すべての面でレベルアップすることを心掛けて、やっていました。

Q.今年は選手会長に就任されましたが?
A.チームとしては優勝を目指してやっていきますし、個人としても去年以上の数字、毎年キャリアハイを目指してやっていけたらなと思います。

Q.今年はコロナの影響でキャンプが無観客ですが?
A.去年の(キャンプの)最後くらいからコロナの影響が出だしてもう1年経つんですけど、なかなか収まらない中で、こうして僕たちはキャンプをできるので、色々な方のサポートを受けながら必死にプレーして少しでもテレビなどで頑張っている姿を見せられたらなと思います。

Q.日本球界に復帰した田中将大投手の印象は?
A.テレビで見ていた方なので、最後は日本で連勝記録を作っていった方なので、対戦する機会があったら(チームに)勝ちを付けられるように頑張りたいなと思います

Q.対戦することは楽しみですか?
A.はい。どんな球投げるのかなと思っています

Q.今年は丑年でバファローズにとっても縁起の良い年?
A.そうですね。勢いで行きたいとおもいます。

Q.キャンプのテーマは?
A.怪我無く、1日でも無駄にせず、少しでも上手くなろうという気持ちで向上心を持ってやっていきたいと思います。

Q.改めてチームと個人の目標
A.チームとしては優勝。上しかないのでそこを目指してやっていきますし、個人としてもタイトル争いに加われるように全ての面で1番を目指して頑張っていきたいと思います。


オリックス・バファローズに関する記事はこちら!