【ボーイズリーグ】日本少年野球選手権大会 中学生の部 準決勝 福井中学vs小山

8月5日(日)に行われた日本少年野球選手権大会 ボーイズリーグ中学生の部。
準決勝 第2試合は、互いに接戦続きの勝ち上がりだった福井中学ボーイズ(福井県)と小山ボーイズ(栃木県)の対戦だ。

打撃戦が予想されていたが、福井中学ボーイズは4回までヒットわずか1本。
小山ボーイズも1回・2回と3塁までランナーを進めたものの、得点することはできなかった。

試合が動いたのは4回、小山ボーイズの攻撃だった。2死2塁の場面で、6番・岡田が右中間を破るクリーンヒットを放ち1点を先制した。
続く五十畑もヒット、ダブルスチールで2・3塁の絶好のチャンスに8番・生沼が大きな当たりを見せたが、福井中学ボーイズのセンター・八木のファインプレーが追加点を許さなかった。

5回には福井中学ボーイズが反撃。7番・中野が死球で出塁すると、盗塁と送りバントで3塁まで進めた。
続く9番・主将の兵の犠牲フライで同点に追いついた。6回には4番・佐藤と5番・丹尾の連続ヒットで勝ち越しに成功。

そのまま逃げ切りたい福井中学ボーイズであったが、最終回に小山ボーイズが意地を見せた。2死からヒットとエラーなどで満塁にし、4番の大谷につないだ。大谷は打席でフルカウントまで粘ったが、最後の1球はファースト・向嶋が捕球し、自らベースを踏んでゲームセット。
1点差を守りきった福井中学ボーイズは、2対1で勝利し、あすの決勝へ駒を進めた。

試合動画はこちら(後日公開予定)→https://ytv-athlete.jp/live/boysleague/952