【阪神キャンプ】若トラたちのアピール合戦となった紅白戦

両軍合わせて25安打17得点と出場した若トラたちのアピール合戦となったキャンプ初の紅白戦。

白組の4番に入った大山、その第2打席。ライトへ タイムリー2ベースヒット。
大山は4打数2安打1打点の活躍でした。

一方、紅組の4番・中谷も負けていません。第2打席では この当たり!
 
今年チーム第1号となる3ランホームラン。大山には負けじと結果を残しました。

そして去年9月、左肩を脱臼した北條。
およそ5か月ぶりの実戦となったきのうはチャンスで迎えた第2打席。

北條は3安打・猛打賞の活躍を見せました。

また昨日はキャッチャー陣も大いにアピール。入団3年目の長坂。レフトスタンドへと運ぶ 2ランホームラン。 

対してコチラは、入団4年目の坂本。
甘く入った変化球をレフトスタンドへ コチラもホームラン。正捕手の座を争う梅野の前で まずはバットで魅せます。

さらに坂本は守備でもアピールしましたね

そしてきのう、報道陣の注目を集めたのが私・立田と同じ関西学院大学出身 ドラフト1位ルーキーの近本。

さて近本と言えば、川藤OB会長から、こんな話を聞かされていました。

<川藤×近本>
川藤:(現役時代は)マジメな生活をするのがプロ野球選手ちゃうって言われた。
ゲーム終わって家にまっすぐ帰る奴は役に立たん。必ず1クッション2クッション 朝帰りは当たり前!

バッティングの技術論よりも何倍も貴重な川藤さんの言葉を胸に臨んだ第3打席。

そして近本と同じくプロ初実戦となったのがドラフト3位ルーキーの木浪。

木浪と言えば虎谷アナと同じく青森県の出身。去年10月ドラフト指名直後に 虎谷アナへメッセージを送っていました。
「虎谷さん がんばるべ がんばるじょ」

ノーヒットで迎えた木浪の第4打席でした。
木浪が決勝3ランで紅組を勝利に導きました。
 
そして試合後のインタビューで木浪は虎谷アナと同じく とても謙虚な姿勢を見せてくれました。

木浪:
実戦で結果が出たんですけど、これから出ると限らないんでしっかりもっと練習して次ももっと結果が出せるようにやっていきたいと思います。