【関西学生野球】立命館、2シーズンぶり優勝。最後はフォアボールでサヨナラ

5月26日(日)わかさスタジアム京都で伝統の立同戦第二ラウンドが行われた。

先日の初戦を勝利で飾った立命館は今日の試合に勝つと優勝が決まるという大事な一戦。
初回に渡邉(産3)が塁に出るとそこから送りバントとワイルドピッチで早々に先制。幸先のいい立ち上がりとなった。さらに4回裏には百田(産3)がわかさ球場全体をわかすランニングホームランで追加点。投げては有村(文3)は6回1被打の好ピッチングであったが7回に崩れ同点にされる。裏の攻撃で橋本(産3)のタイムリー2ベースで勝ち越すものの8回にまたも追いつかれてしまう。それから9回に両チームともチャンスを作るが得点には至らず延長へ。12回裏に1死から大本(文4)が出塁すると相手のエラーなどで1死満塁に、代打ででた大杉(スポ3)がフォアボールを選びサヨナラ。劇的な幕切れとなり立命館が優勝した。

立命館は坂本が最優秀選手賞、最優秀投手賞をとり、大本、坂本、池上(文2)の三選手がベストナインに選ばれた。(立命スポーツ編集局 古賀 凌也)

同志社 000 000 210 000 =3
立命館 100 100 100 001x =4x

勝 糸井 (1勝1敗)
負 高橋恭 (4勝3敗)
本塁打 百田 (3号)(立命館)
二塁打 橋本 (立命館)

〈後藤監督のコメント〉
このチームは選手層が厚くて誰を使っても結果を出してくれる。だからこそ競争も熱くなっていいチームに仕上がったと思う。全国に行けるということで相手がどうとかではなくて自分達のできるプレーを出来たらいいなと思います。
〈大本主将のコメント〉

ここ最近の全国大会は1回線2回戦で敗退してるのでもちろん全国制覇は目標なんですけどとにかく上を目指して、去年先輩達が連れて行ってくれた全国の経験を後輩達にも経験させて代々それを引き継げて行ったらいいなと思います。

〈坂本選手のコメント〉
(最優秀投手・選手賞、ベストナインに)選ばれたことは本当に嬉しいです。このチームは打撃がとても強いのでとても安心して投げることができた。近畿戦に向けて調整をしていたので近畿戦が終わってから少し気持ちが緩んでしまったところがありましたがチームに救われました。