【ドラフト】超高校級キャッチャー東妻純平選手(智辯和歌山高校)は横浜DeNAが4位で交渉権獲得

1年生の夏からベンチに入り5季連続甲子園出場を果たした智辯和歌山高校の東妻純平選手。
遠投125メートルの強肩を誇り2年生の夏には4番を打つなど聖地でも2本のホームランを記録した強肩強打のキャッチャーです。
中学までは主にショートを守り、高校入学後、地肩の強さを買われキャッチャーへ転向しました。
阪神などプロで活躍した智辯和歌山高校の中谷仁監督にインサイドワーク等を鍛えられ、攻守ともに高校トップクラスのキャッチャーへと成長。
目標とする選手は、ソフトバンクの甲斐選手です。

2001年7月3日生まれ 和歌山県和歌山市出身 身長174cm/75kg 
右投げ右打ち 紀州ボーイズ―智辯和歌山高校
兄はロッテ東妻勇輔投手(2018年ドラフト2位)