306
   2020年8月22日放送
 

【カヌー/スプリント】世界に挑むカヌーの遠藤兄妹 環太と帆夏 それぞれの2020夏

琵琶湖から世界を目指すカヌー兄妹

流れのない河川や湖などを利用し、直線距離の着順を競う「カヌー・スプリント」
1人乗りのカヌーは全長5.2mで、パドル(櫂)の両端で水をかくのが「カヤック」です。
この競技でオリンピック出場を狙うのが、遠藤環太(かんた・兄)と遠藤帆夏(ほなつ・妹)の2歳違いの兄妹。
琵琶湖のほとり大津市出身の2人は実家近くの「オーパル・カヌーチーム」で切磋琢磨して育ちました。
兄・環太(20)は立命館大学2年生。去年は全日本インカレ1人乗りで2位、4人乗りで優勝と同世代ではトップクラスの実力。
地元の比叡山高校に通う妹・帆夏(18)も去年は2人乗りで全日本ジュニア選手権優勝を果たすなど兄を追いかけて順調に成長。
将来は兄妹で同時オリンピック出場の期待がかかる逸材なんです。

2020 それぞれの夏

遠藤兄妹にとって2020年は海外ツアーなどが予定され、飛躍の年となるはずでした。
しかし、コロナ禍でカヌーの国内外の大会が軒並み中止・・・
特に妹・帆夏にとって高校最後のインターハイも中止となり、辛い日々を過ごした彼女。
それでも、8月に入り徐々にレースが再開、自粛期間で溜まっていた鬱憤を晴らす時がやってきました。夏の風物詩"カヌー"に青春をかける遠藤兄妹の夏を特集します。

<プロフィール>

 兄 遠藤環太(えんどうかんた)

兄 遠藤環太(立命館大学)

2000年7月22日生 20歳


身長188cm 体重80kg 

血液型0型


滋賀県大津市出身 
所属 立命館大学体育会カヌー部


カヌー・スプリント U-23日本代表 (専門:カヤック)

カヌーとの出会いは5歳の時。祖父に高島市のカヌー教室に連れて行ってもらったのがきっかけ。

初めてにも関わらず白髭神社まで一人で漕いで戻ってきた。
中学2年の時、ペアで全国中学生大会優勝。
環太の年代は豊作と言われ、同年代に有力選手が多い。

<プロフィール> 妹 遠藤帆夏(えんどうほなつ)

妹 遠藤帆夏 (比叡山高校)

2002年8月6日生 18歳


身長171cm  

血液型0型


滋賀県大津市出身 比叡山高校3年生


所属 オーパルカヌーチーム


カヌー・スプリント U-18日本代表 (専門:カヤック)

カヌーを始めたのは兄の影響。小学2年から競技を始める。

小学6年の時、兄の当時のタイムをわずかに上回り、兄に嫉妬されたとか。
中学3年の時、ペアで全国中学生大会優勝。