【フィギュアスケート】アイスショー開催 大阪に世界のトップが集結!

「スターズ・オン・アイス」の前日会見を取材した工原ディレクターの報告です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

29日から行われる「スターズ・オン・アイス」の前日会見の取材に行ってきました!

3月29日から31日までの3日間、門真市にある東和薬品ラクタブドームで行われるフィギュアスケートのアイスショー「スターズ・オン・アイス」の前日会見が28日に行われました!
日本勢では今月に行われた世界選手権に出場した、宇野昌磨選手、紀平梨花選手、坂本花織選手、宮原知子選手が参加。
他にもあすリートで紹介した三原舞依選手、アメリカのネイサン・チェン選手、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手、エフゲニア・メドベージェワ選手などがショーを披露します!

この日行われた記者会見に出席した世界選手権優勝のザギトワ選手、4位の紀平選手のコメントをお届けします!



Q:ファンのみなさんに見てほしいという部分はどこですか?

ザギトワ:大変素晴しい舞台に出させていただいて大変嬉しく思っております。私が見せたいのは新しい「アリーナ・ザギトワ」です。




紀平:すごくたくさんのトップ選手の方が出るアイスショーに出られて本当に嬉しく思っております。今回、新しいエキシビションのプログラムを作ったので、そのプログラムを見て私の色んなところを知ってもらえたらと思うし、いい演技が出来たらいいなと思ってます。

Q:新しいプログラムはどんなイメージで作ったのか?

 
紀平:いまダンスレッスンに通っていて、そのダンスを生かす機会ができたらいいなと思います。少しダンスの入った曲で滑ることになったので、ダンシングな部分といつもの競技中には見られないような場面もあるので、
   難しい振り付けも多いんですけど、しっかりできたらいいなと思います。

Q(新しいプログラムはいつ頃から練習しはじめたのか?

紀平:昨日(27日)と今日(28日)で作ったプログラムです。すごい急いで作ったプログラムなので間違えないように何とか間に合わせればなと思います。

Q:4月1日に平成の次の元号が発表されるんですが、平成が終わって新しい時代に自分がどういう選手でありたいですか?

 
紀平:特に練習内容を変えるわけでもなく、自分のやってきたことをまた新しい年号に変わるときにもしっかり自分を新しく入れ替わったつもりで一から体作りとか色んなことに挑戦していきたいと思っています。

Q:靴を変える、固くすると以前お話されてましたが、まだ、履いて2、3日だと思うんですけど感触はいかがですか?

紀平:今のところは固くした方がよかった感じがしていて、今までよりかなり固い靴にしていたので、慣れるのに時間がかかるかなと思って、変えてこなかったんですけど、シーズン中にも変えて良かったくらい割といい感触で来ているので今のところはその靴があっているのかなと思います。

Q:世界選手権が終わっての一番の収穫はなんですか?

ザギトワ:今シーズンの1番大きな大会だったんですが、自分が集中することができて、自信を持っていい演技ができるということを確信したことが収穫でした。

紀平:ショートのトリプルアクセルで大きなミスをしてしまっていたので、そのミスを引きずらないようにってところがフリーでも不安があったんですけど、その不安を押しのけてしっかりトリプルアクセルをいい踏み切りで不安のところからでも集中して自分を信じてできたっていうのが大きな収穫でした。