289
   2020年4月25日
 

【パラ競泳】一ノ瀬メイ オーストラリア サンシャイン・コーストからリモート出演

一ノ瀬メイ ichinose mei Age23

1997年3月17日 京都生まれ
京都府立紫野高校〜近畿大学 現在は近畿大学職員
2年前から豪州サンシャインコーストを練習拠点とする。

先天性の右前腕欠損。
京都市障害者スポーツセンターで水泳を始める。
2010年アジアパラ競技大会に史上最年少13歳で出場し50m自由形(S9)で銀メダル。
2016年 リオパラリンピックでは6種目に日本代表として出場。
現在200m個人メドレー(SM9)、50m自由形(S9)など5種目の日本記録を持つ。
得意種目は個人メドレー。
高校時代、英語スピーチコンテスト全国大会で優勝。

京都出身、近畿大学を去年3月に卒業したパラ競泳の 一ノ瀬メイ選手(23)も3月の代表選考会が中止となり、2年前から練習拠点としているオーストラリアに戻っています。
そのオーストラリアも厳しい外出制限が出され練習場所のプールも閉鎖されているとのこと。
1年延長のニュースを受けて自身のInstagramに彼女らしい前向きなコメントをアップしてくれてます。

一ノ瀬メイ/Mei ichinose Instagram

リモートトーク 一ノ瀬メイ🇦🇺 & 🇯🇵板東さえか(FM802)

高校時代に取材を始めて5年、あすリートでも3月に行われる予定だったパラリンピック代表選考会へ向け取材していましたが選考会が中止となり、あすリートのオンエアは延期。
急きょ、オーストラリアとオンラインでつなぎ、番組ナレーターの板東さえか(FM802)がリモートインタビューを敢行しました。

現在のオーストラリア(サンシャイン・コースト)の厳しい外出制限の状況や競技、東京パラリンピックへの思い、今はあえてモチベーションをシフトダウンしている暮らしの様子など、女子トークで盛り上がりました。



トークに出てきたアイテムは…オンライン吞み、貝殻アート、コブクロ、野菜スープ、クラシル…

日本語で話す機会が少ないせいでしょうか、シリアスな状況リポートの他にもいろんなジャンルの話題でたっぷり話してくれました。
このトークは放送後、フル動画であすリートチャンネルにアップする予定です。

二人のオンライントークはこんな感じで始まります。



板東 わたしは大阪のfm802でDJやってるんですけどfm802ってご存知ですか?

メイ 知ってます。

板東 よかったあ、関西にいらっしゃったときに聞いてことありますか?

メイ あんまりないです。すいません車がなくて。(笑)こっちで車を運転するようになってからすごくラジオ聞くのでラジオの良さが分かってきたんですけど、日本ではまだわかってなかったです。(笑)

板東 そうですよね。私も学生時代にパース(オーストラリア西海岸)に留学で行ってたんですけど、めちゃくちゃラジオ聞きますよねオーストラリアの方。

メイ めちゃ聞きます。たぶん車移動が多いからっていうのあるんですけど。けっこうラジオから情報得ること多いです。

板東 早速なんですけどオーストラリア、メイちゃんが住んでいるサンシャイン・コースト、現在どういう状況か教えてもらえますか?

メイ うーん、どっから話したらええんやろ。私の個人的な影響があるところから言うと、3月の末に必要最低限の施設以外がほとんど閉まって、その影響でプールなどがあるわたしの練習拠点も閉まってしまって、なので今で4週目かな、家にいるのは。
あと全体でいうと今のルールでは外出は必要最低限の買いものと、あとは運動のための外出なら許可されていて、外出をする場合には最大二人という決まりがあって、なので二人よりも多い人数での固まっての行動は禁止されています。ほとんどマスクなんてしてなかったオーストラリアの人がマスクをしたり、ソーシャルディスタンスがかなり厳しくて、歩道ですれ違うときも片方の人は車道に下りたり、スーパーでも同じ通路にいるときはお互い距離をとったりしてますね。

 (以下 続く)


このトークはあすリートの放送後、フル動画(約26分)であすリートチャンネルにアップする予定です。