【車いすバスケ】大阪カップ開幕!<大会一日目>

毎年、大阪で行われている国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会(大阪カップ)が開幕しました。
今年は、昨年の世界選手権優勝のオランダ、準優勝のイギリス、そしてアジア・オセアニアの強豪オーストラリアを迎え、世界のトッププレーヤーたちの熱戦を目の前で観戦することができる注目の大会です。

第1試合、オーストラリアと対戦した日本は、序盤に主導権を握られ、第1クォーターを1点ビハインドで終えます。しかし、徐々に自分たちのプレーを取り戻し、第2クォーターで逆転に成功すると、そのままリードを保ったまま56-43で勝利。「全員バスケ」で初戦を白星で飾りました。

続いて行われた第2試合。リオパラリンピックで4位、昨年の世界選手権準優勝の強豪イギリスと対戦した日本は、立ち上がりからいい形で守備が決まり、日本が28-22とリードを持って前半を折り返します。

しかし後半に入り、イギリスのヘレン・フリーマン、ジュードハマーなどの大きな選手を押さえるのに苦戦し、逆転を許します。
結局60-54で敗れたものの、強豪イギリスを相手に互角に戦えたこと、特に守備面での手ごたえを感じたという選手たち。明日は世界選手権優勝のオランダと対戦します。

<選手インタビュー>

#12 藤井郁美

#14 清水千浪

#15 網本麻里

#18 北田千尋

#19 北間優衣

岩佐義明ヘッドコーチ