【車いすバスケ】大阪カップ<大会最終日>日本vsオーストラリア ハイライト

毎年、大阪で行われている国際親善女子車いすバスケットボール大阪大会(大阪カップ)が開幕しました。
今年は、昨年の世界選手権優勝のオランダ、準優勝のイギリス、そしてアジア・オセアニアの強豪オーストラリアを迎え、世界のトッププレーヤーたちの熱戦を目の前で観戦することができる注目の大会です。

大会最終日、オーストラリアと対戦した日本は、持ち味のトランジションバスケで、攻守の切り替えの早いプレーをベースに、序盤から自分たちのペースに持ち込み、試合を優位に進めます。

終始、攻守の手を緩めることなく、オーストラリアから得点を重ねた日本は、全選手が出場。72-37の大量リードで勝利をおさめました。

世界1位2位のオランダ、イギリスとの対戦を通して、世界で戦えるという手ごたえを感じた日本。来年の東京パラリンピックに向けて、選手たちはさらなる成長を誓い、今大会を締めくくりました。

◆2019大阪カップ結果◆

1位 オランダ
2位 イギリス
3位 日本
4位 オーストラリア



<試合後のインタビュー>

藤井新悟アシスタントコーチ

#14 清水千浪

#15 網本麻里

#19 北間優衣