【FC大阪】附木雄也の悩みは「面白いことを言いたいけど、不用意に飛び込めない」

活動休止となっているFC大阪が、選手・スタッフの今を届けようと始まった「FC大阪TV Facebookライブ」。
5回目の配信には、DF27及川拓哉選手、そして今季から新加入のGK29速水佑一郎選手、DF39附木雄也選手が登場しました。

本人たちも疑問だったという3人の共通点は、「前所属が東北社会人リーグ」。
及川選手はFCガンジュ岩手(2018)、速水選手はコバルトーレ女川(2019)、附木選手はいわきFC(2019)に所属していた東北時代の話で、及川選手が東北は広いから移動が全部バス移動だったと話し始め、朝4時に起きて岩手から仙台に当日移動した思い出を話すと、附木選手は青森・弘前への移動はバスで6時間以上かかったことを振り返り、「東北リーグは過酷だったけど、面白かった」と東北サッカー事情で盛り上がりました。

そして、FC大阪に加入してからの話になると、関東出身の附木選手と及川選手は、関西人はお笑いのことを常に考えていると感じていて、附木選手は「面白いことをいてみたい気持ちはあるけど、怖くて不用意に飛び込めない」、及川選手は「ボケたりしたいけど自分のレベルが低いから」と関西クラブ特有の悩みを打ち明けていました。

ホームタウンの東大阪市を応援するプロジェクト「#FC大阪 #東大阪が好き」の話題になると、東大阪に職場がある及川選手が、石切から見える大阪の夜景が素晴らしいと紹介。まだ行ったことがないという附木選手、速水選手に彼女と行くよう勧めていました。

ファン・サポーターへメッセージ



GK29速水佑一郎選手
コロナで皆さん自粛されていて、もしかしたら解除されて少しずつ緩和されて行くかもという状況ですが、ちょっとずつ一緒に頑張っていきましょう!

DF27及川拓哉選手
なかなか皆さん思い通りに生活が進まないと思います。僕たちも選手もできる範囲で頑張っているので、今は我慢してもう少し耐えて、落ち着いたらぜひ試合を見に来てくれたら嬉しいです。

DF39附木雄也選手
自分たちも活動が止まって2ヶ月に差し掛かるくらいになってきて、僕たちも練習ができないことが辛いし、グラウンドが恋しいと思うし、サポーターの皆さんも僕らの姿だったり、サッカーのある日常を望んでいると思うんですけど、あとちょっとだと思うんで。今日もZOOMトレーニングをやって選手各々のコンディションは出来る限りの中では維持できていると思うし、もう少し我慢してもらったら最高の自分たちが出せると思うんで、一緒にもう一踏ん張り頑張りましょう!


FC大阪TV Facebookライブについては、FC大阪公式Facebookをご確認ください。