【セレッソ大阪】明日J3開幕!U23の若き桜の戦士がピッチに立つ!

新型コロナウイルスの影響で、開幕が延期となっていたJ3リーグが明日27日に開幕。
セレッソ大阪U23はトップより先に公式戦がスタートします。

今季からチームを指揮する村田一弘監督は、「選手もスタッフもグラウンドに立てる喜びとスタジアムでゲームができる喜びを一番感じている。特に選手が表現できる場所がいただけるというのが、トップを目指したり、ほかのチームに移籍できる環境ができたということが一番幸せなことかと思います。」と再開の喜びを口にしました。
そして、U23という育成チームに所属する若い選手たちに対して、「自分の将来を見据えて、今何をしないといけないのか、人一番(自分を)磨かないといけないのではないか。」と伝えているといい、自分自身と向き合って成長するよう後押しをする指導をしていると明かしました。

今季プロ1年目となるMF吉馴空矢選手は、「待ちに待ったというかシンプルに嬉しい。トップチームに繋がったり、ほかの強化の人が見る機会になると思うので、1試合1試合大切にしていきたいと思います。」とコメント。昨季は二種登録でプレーし、開幕戦ではアシストの活躍を見せたことを聞かれると、「去年は先輩方に頼っている部分があったんですけど、今年は自分で引っ張っていかないとという気持ちでやっています。」とプロとしての自覚を持ってシーズンに臨んでいるとし、プロ1年目の目標はアシスト10点と初得点をしたいと意気込みました。

今季から京都サンガF.C.から期限付き移籍で加入したMF島村拓弥は、「セレッソU23にきてサイドバックとかをやらせてもらって、正直守備はまだまだなんですけど、攻撃は自分の中でも手応えはあるので、どんどん伸ばしていって、開幕戦でやれることをやって勝利につなげたいです。」と新たなポジションに取り組んでいることを明かし、明日の開幕戦に向けて「得意なプレーはドリブル突破。ドリブル突破からクロスで得点につながるようなプレーを明日はしていきたいです。」と意気込みを語りました。
そして、岡山・備前市出身で、小・中学生時代はオリックスの山本由伸投手と同級生だったことをについて聞かれると、山本選手がチームに今季初勝利をもたらす活躍をみて、「すごい活躍していたので、自分ももっと頑張らないといけない」と同級生の活躍に刺激を受けていました。

U23 村田一弘監督 インタビュー



Q.J3開幕を明日に控えての心境は?
選手もスタッフもグラウンドに立てるという喜びとスタジアムでゲームができる喜びが一番です。

Q.準備期間が長かっただけに実感がこもっているように感じますが?
特に選手が表現できる場所がいただけるというのが、トップを目指したり、ほかのチームに移籍できる環境ができたということが一番幸せなことかと思います。

Q.開幕前に中断期間に入りましたが、どのように準備されてきましたか?
基本的にはトップと同じようなスケジュールで、トップのトレーニングを一緒にさせてもらって、トップと共通のコンセプトをしながらやってきたので、トップと同じような流れですね。

Q.昨年はコーチ、今年は監督に就任。どのようなチームにしていきたい?
選手をもう一つ上のステージで戦える力をつける準備としてできればと思っています。

Q.今シーズン期待をしている選手は?
昇格組のJ・1年目の選手はどれくらいやれるのか期待しています。
あとは、中盤の喜田陽をみてみたいなと思っています。

Q.喜田陽選手に期待する部分は?
他チームに行ってからも器用貧乏みたいなところがあったので、中盤でアグレッシブさや運動量を身につけて、トップの中心になれる選手にしていきたい。

Q.ロティーナ監督からは、U23チームの指導などのリクエストはある?
基本的にはないですけど、選手の特徴をのばせるように、トップに通用できる、トップで見てもらえる選手をトレーニングして育てないといけないと思っています。

Q.明日のメンバーは二種登録の選手は?
もちろんです。1/3はアカデミーの選手です。当然トップの監督だったり、強化にも見てもらえるので、あるいは他チームの強化の方にも見てもらえるので、表現の場としてありがたいです。

Q.U23の目指すサッカーは?
トップチームが目指すように、個人個人の上手さは当然必要とされると思います。それによって上手さとベースとなるフィジカルのところを兼用しながら育てていきたいなと思っています。将来的にアグレッシブなチームで戦う選手を、それに適応できるように。当然上手さはどこに行っても共通だと思いますので、両方から一つ下のカテゴリーというイメージで育成に近い表現の場として、目指しているところはそこです。

Q.去年のチームとして伸びた点、監督として伸ばしたいところは?
アカデミーの選手が去年はたくさんでてもらって、底上げができたと思います。それによってもともとU23にいた選手に負担も多少あったんですけど、それをカバーできるくらいの逞しい精神力と、技術もある程度ついてきました。今年早々にも二人レンタルで出させてもらいましたし、そういうスタンスでやれたらなと思っています。

Q.トップに上がるため、他クラブからオファーをもらうために、監督から日頃どういう声かけをしているか?
若い選手なので、目の前のしんどいところとかきついというのが先に立っちゃうんですけど。自分の将来を見据えて、個人を磨くというところにフォーカスさせるコメントをしています。そのためには今何をしないといけないのかというのは、人一番磨かないといけないのではないかというコメントはよくしています。



MF44 吉馴空矢選手 インタビュー



Q.J3開幕を明日に控えての気持ちは?
これだけ延びたというのもあって、待ちに待ったというかシンプルに嬉しい。トップチームに繋がったり、ほかの強化の人が見る機会になると思うので、1試合1試合大切にしていきたいと思います。

Q.待望の公式戦という気持ちは強いですか?
きつい練習をしてきて、開幕になりそうだったのに、中断だったので、練習をやってきた分成果を出せれればと思います。

Q.自主期間はどのように過ごしていた?
まずはコロナにかからないようにという点をチームとして徹底してやっていたので、その中でできる範囲で、室内でもできることをやっていました。

Q.二種登録の去年は開幕戦でアシスト、今年の開幕と気持ちの違いは?
去年は先輩方に頼っている部分があったんですけど、今年は自分で引っ張っていかないとという気持ちでやっています。

Q.試合でアピールしたいストロングポイントは?
攻撃参加だったり、クロス、ドリブルは武器にしたいと思っています。今年もアシストできたらなと思っています。去年はアシストが3点だったので、今年は10点くらいしたいのと、初得点も決めたいなと思っています。

Q.昨年の経験で自分が通用するということと、今年の課題としていることは?
ドリブル突破だったり、クロスとかの攻撃参加は去年もある程度できたなって思ったので、そこに磨きをかけたいのと。守備だったりのポジショニングは課題が残る結果だったので、今年はそこにも重点をおいてやっています。

MF29 島村拓弥選手 インタビュー



Q.J3開幕戦を控えての気持ちは?
開幕なので今日までやってきた練習をしっかりと明日出して勝利できるようにがんばりたいです。

Q.待ちに待った公式戦という気持ちは強いですか?
3月に開幕できると思っていたんですけど、そこまで調整してきてやっとやれるというところで、コロナウイルスが拡大してしまって、できないということになりましたけど。自粛期間中も自分ができることを頑張ってやってきたので、明日はそれを出せるように頑張っていきたいです。

Q.セレッソ1年目としてどのようにチームにフィットできるように練習に取り組んできましたか?
自分は走れる方だと思うんですけど、攻守において運動量は必要だと思うので、そこを重点的に、もっと切り替えの速さだったり、攻撃の厚みを出せるように、自分でクロスまで持っていけるように、そういうところを意識しながら練習していました。

Q.チームとのコンビネーションなどはできてきている感覚はある?
攻撃より守備の方が言われることが多いので、僕自身は守備があまり得意ではないので、そういうところを練習とか練習試合でも心がけてやっていました。

Q.セレッソデビューですが、サポーターに向けて
自分の得意なプレーはドリブル突破なのでそういうところを見て欲しいです。ドリブル突破からクロスで得点につながるようなプレーを明日はしていきたいです。

Q.公式戦ができない期間はモチベーションをどう保っていた?
練習とかあまりできなくてリモートでやってきたんですけど。、合ができるようになった時に全力で、自分自身の100%を出せるように、やれることをやっていました。

Q.U23の活躍がトップチームにつながると思うが?
U23にきてサイドバックとかをやらせてもらって、正直守備はまだまだなんですけど、攻撃は自分の中でも手応えはあるので、どんどん伸ばしていって、開幕戦でやれることをやって勝利につなげたいです。

Q.オリックスの山本由伸選手と小中の同級生ですが、彼の存在は刺激になっていますか?
テレビで見たり、Twitterでも見て、この前も開幕で投げて、すごい活躍していたので、自分ももっと頑張らないといけないなと刺激を受けます。たまにLINEとかしたりしますね。頑張ろうとかサッカーとか野球の話はしないですけど、プライベートの話ですね。

Q.ブラジルでの経験は?
ブラジルに1年間行って経験したことは、球際の強さだったり、練習でも足を削るくらいの球際の激しさだったりは自分も勉強になったし。自分もあまり行く方ではなかったんですけど、ブラジルに行って自分も球際でいくようになりました。

Q.セレッソには慣れましたか?
年下が結構多いんですけど、みんなフランクに話してくれて、すぐに溶け込めたという感じはのはありますね。


▶︎ セレッソ大阪のそのほかの記事はこちら!