【INAC神戸レオネッサ】川澄奈穂美が4年ぶりのINAC復帰!「タイトルを獲ることを強く思って入団しました!」

元なでしこジャパンのFW川澄奈穂美選手がアメリカ女子プロリーグのスカイ・ブルーFCから期限付き移籍で古巣のINAC神戸に復帰することを発表。17日、大阪市内で復帰記者会見が行われました。

安本卓史 代表取締役社長(左) 川澄奈穂美 選手(右)

川澄選手は2011年の女子W杯ドイツ大会優勝、15年のカナダ大会で準優勝するなど、日本代表として国際Aマッチに通算90試合出場し、20ゴールをマーク。2016年からアメリカ女子プロリーグに活躍の舞台を移していましたが、今季は新型コロナウイルスの影響でリーグ戦が開催できず、6月から実施されたカップ戦では全6試合に先発出場し、1得点を挙げていました。

2016年以来、4年ぶりの古巣復帰について川澄選手は、「タイトルを獲ることを強く思って入団しました。」と自身が所属していた2013年以来遠ざかっているタイトル奪還へ、強い思いを持っての入団となりました。

神戸に帰ってきて食べたいのは「神戸ビーフです!」

質疑応答ではユーモアを交えながら笑顔で答えてくれた川澄選手は、アメリカ女子プロリーグでのプレー面での経験や、リーグの成熟度の差など、海外に出て感じたものをどのようにして日本女子サッカー界へ還元できるかという思いを持ちながらの国内リーグ復帰となることを明かし、経験豊富なベテラン選手のなでしこリーグ復帰は、日本女子サッカー界に大きな刺激となりそうです。

7月に開幕したなでしこリーグ1部に所属するINAC神戸は、現在3勝2分で3位。
川澄選手は早ければ今週23日の浦和レッドダイヤモンズレディース戦から出場が可能となります。

背番号36は日本代表で初めて背負った思い出の背番号

川澄奈穂美 Kawasumi Nahomi プロフィール

生年月日 :1985年9月23日生
 出身  :神奈川県出身
身長/体重:157㎝/51㎏
ポジション:フォワード
日本代表歴:国際Aマッチ90キャップ、20得点
      2011年FIFA女子W杯ドイツ大会優勝、2015年カナダ大会準優勝


なでしこリーグに関する記事はこちら!