【FC大阪】村井満Jリーグチェアマン 「サッカーとラグビーの共存に期待」

左から疋田晴巳/FC大阪社長、村井満/Jリーグチェアマン、野田義和/東大阪市長、藤縄信夫/大阪サッカー協会会長

10月26日、大阪第3のJリーグクラブ入りを目指すFC大阪のJ3リーグ参入に向けたJリーグからのヒアリングが東大阪市役所で行われ、村井満Jリーグチェアマン、東大阪市野田義和市長、FC大阪疋田晴巳代表取締役社長らが出席しました。

花園ラグビー場の環境を高く評価した村井満Jリーグチェアマン

東大阪市花園ラグビー場の視察を終えて村井チェアマンは、昨年のラグビーワールドカップが行われた第1グラウンドをはじめ、花園ラグビー場の環境面を高く評価。またラグビーの街として有名な東大阪・花園にJリーグクラブが誕生することについて「元々ラグビーとサッカーは兄弟のようなもの。サッカーとラグビーというフットボールが並列できることを東大阪で示してくれれば、日本中で芝生で溢れるフットボールスタジアムが整備されていくスタートになると感じているので、大変嬉しく思う」とコメント。

東大阪にラグビーとサッカーが共存することで、新たなスポーツ文化の発信地となるとして、FC大阪のJリーグ昇格に期待していました。

FC大阪のマスクを着用する野田義和東大阪市長

また野田義和東大阪市長からは、「課題はとにかく勝つこと!FC大阪と東大阪市が一緒になって、スポーツとまちづくり、教育を進めるために、とにかく今は勝ってください!」とエールが贈られました。

疋田晴巳FC大阪社長「東大阪をもっと発信できるクラブになりたい」

ヒアリングを終えて疋田晴巳FC大阪社長は「チェアマンがここに足を運んでくれたことで(Jリーグ参入に)近づいたのかなという実感はあります」とホッとした表情でコメント。その一方で、「東大阪の活性化、市民に夢を与えるという部分ではまだまた力不足。試合での勝ち負け以外に、市民ともっと触れ合う機会を作りたい」と地域密着したクラブを目指していくことを誓いました。

今シーズンJFLは残り5試合。現在5位のFC大阪がJ3リーグ昇格を勝ち取るためには、残り全試合勝利することが求められます!ぜひ最後まであきらめない姿を期待します!

次回のFC大阪ホームゲーム
2020年11月14日(土) 服部緑地陸上競技場
JFL第28節 FC大阪 vs 高知ユナイテッドSC


東大阪からJリーグ入りを目指すFC大阪に、スマホ片手に声援を送りましょう!


FC大阪に関するその他の記事はこちら!