317
   2020年11月7日
 

【高校サッカー】超高校級ストライカー 樺山諒乃介(大阪・興国高)高校最後の戦いに挑む

J1内定者4人を擁する最強軍団 興国高校

昨年度の全国高校サッカー選手権に初出場を果たした興国高校。
ことしも2大会連続出場を狙う強力なチームを作ってきました。
J1のチームを含むプロ内定者が4人とタレント揃い。
その中で最も注目を集めるのが10番を背負う樺山諒乃介です。

「選手権で受けた悔しさは選手権でしか返せない」

昨年も2年生エースとして10番を背負いチームを初の全国へ導きました。
しかし、初の選手権はまさかの初戦敗退、悔しさだけが残った全国の舞台となりました。
「選手権で受けた悔しさは選手権でしか返せない」
その思いで始まった高校最後のサッカー生活。しかし新型コロナウィルスの影響でインターハイが中止、
部活動もできなくなり夏までは先が見えない状況でした
そんな中、選手権開催が決定。
サッカーが出来る喜びと支えてくれた人たちに感謝をもって、もう一度全国の舞台へ!
まずは大阪大会連覇に挑む10番を紹介します。

樺山 諒乃介 kabayama ryonosuke

2002年9月17日生 18歳
出身:大阪府堺市
身長171センチ 体重68キロ

18年U-16日本代表
19年U―17日本代表候補
J1横浜Fマリノス内定(特別指定選手)


2019年放送(当時17歳)の番組動画です。
伸び盛りの高校生、1年経つとずいぶん雰囲気が変わって、より精悍になりました。