【2019総理大臣杯全日本大学サッカー ハイライト】明治大学が法政大学を下し3連覇達成!

7日にヤンマースタジアム長居(大阪市)で行われた2019年度 第43回 総理大臣杯 全日本大学サッカートーナメント。

3年前の決勝戦と同じ顔合わせとなった法政大学 対 明治大学の一戦は、お互いをよく知る関東対戦ということもあり、序盤から一進一退の攻防が続きます。

試合が動いたのは、23分。
法政大学・末木のコーナーキックを大西遼太郎が頭で合わせて先制します。

しかし、その4分後。
明治は、右サイドでの中村健人とのパスワークで中村帆高が抜け出し、マイナスのパス。ここに詰めたのがキャプテンの佐藤亮。すぐさま同点に追いつきます。

その後、前がかりになった法政のスキをついて、コーナーキックを獲得した明治。
中村健人からのボールを小野寺健也が頭で合わせて逆転に成功します。

リードを奪った明治は、法政の猛攻を防ぎ切り、2-1で勝利。
3年前の雪辱を果たし、明治大学が3連覇を達成しました。

勝利監督インタビュー 明治大学 栗田大輔 監督

ヒーローインタビュー明治大学 キャプテン 佐藤亮 選手