【FC大阪ハイライト】今季ホーム2勝目!ここからの巻き返しに期待!

9月の中旬にもかかわらず34度を超える暑さの中行われたMIOびわこ滋賀との関西ダービー。

FC大阪は前節のソニー仙台戦から前線のメンバーを大きく入れ替え、スタメンには2017年4月29日以来のFW9塚田卓、加入後初スタメンとなるMF45齊藤隆成、また攻撃的なポジションにMF46稲垣雄太、MF21久保田駿斗を起用しました。

37歳 FW9塚田が2年5ヶ月ぶりのスタメン

前半開始から攻撃的に攻めるFC大阪だったが、なかなかシュートまで持ち込むことができない。しかしこの日は流れを渡さず、我慢強く攻め続けていると前半終了間際に惜しいシュートが3本飛び出し、0-0ながらも悪くない状態で前半を折り返します。
37歳のベテラン塚田が体を張ったプレーでチームを牽引

後半に入っても主導権を握るFC大阪は、MF14須ノ又諭のシュートや、古巣との対戦で気合いのはいるMF46稲垣の鋭いミドルシュートが飛び出し、終始FC大阪がゲームを支配します。
古巣を相手に得意のスピードでぶっちぎる!

すると58分、スローインからゴール前に入れたボールをペナルティーエリア内でFW9塚田がクロスを上げ、相手を背負いながらMF21久保田がヘディングで落とすと、最後はMF45齊藤がグラウンダーのシュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、FC大阪が先制点を奪います。
齋藤隆成の加入後初ゴール!

この後も追加点を狙うべく相手ゴールに攻め込み続け、相手に反撃の余地を与えません。

この1点を守り抜き1-0で逃げ切ったFC大阪が勝利!
先発起用が見事に決まり、4月14日の第5節以来となる今季2度目のホームゲーム勝利を手に入れました。

JFLリーグ戦は残り9試合。
ここからどこまで巻き返せるのか?来季につながるシーズンにするためにも、FC大阪の底力が試されます。
4月14日以来となる今季ホーム2勝目!

和田治雄監督 勝利監督インタビュー

クラブ公式の監督情報はこちら

値千金の決勝ゴール!
MF45 齋藤隆成(さいとう・りゅうせい)選手

クラブ公式の選手情報はこちら

チームを引っ張ったゲームキャプテン
DF6 舘野俊祐(たちの・しゅんすけ)選手

クラブ公式の選手情報はこちら

2年5ヶ月ぶりのスタメン出場でチームを勝利に導く活躍!
FW9 塚田卓(つかだ・たく)選手

クラブ公式の選手情報はこちら

古巣を相手に持ち前のスピードできりきり舞いにさせた!
MF46 稲垣雄太(いながき・ゆうた)選手

クラブ公式の選手情報はこちら

JFLリーグ戦の次回のホームゲームは、
10/12(土) 13:00 KO FC大阪 vs ホンダロックSC @服部緑地陸上競技場

あすリートチャンネルでは、FC大阪の全ホームゲームをライブ配信いたします。
ぜひスタジアムで、スマホ片手に応援しましょう!