【FC大阪】マルヤス戦はスコアレスドロー、リーグ3連勝ならず

今シーズン初の3連勝を目指すFC大阪は、12位のFCマルヤス岡崎とアウェイで対戦。

今シーズンを一つでも上の順位で終えるためにも、1つでも勝利を積み重ねたいFC大阪。
スタメンには前節累積警告で出場停止だったMF7木匠貴大が復帰。そしてFW25町田蘭次郎が第8節以来の先発に名を連ねました。

前半、お互いに一歩も引かない展開となったこの試合。
FC大阪はゴール前までボールを運ぶものの、シュートまで持ち込むことができません。
一方、守備陣もDF岩本を中心に相手にシュートを打たせず、しっかりと守り抜きます。
前半は、お互いにほとんどシュートシーンを作ることができず、0-0のスコアレスで折り返します。

後半に入り、徐々にシュートまでの形を作り始めたFC大阪は50分、相手ゴール前で得たフリーキックのチャンス。
MF41江郷下奨が蹴ったボールをDF13岩本知幸が頭で合わせるものの、惜しくもキーパー正面。
さらにMF22前田悠斗のクロスに木匠が合わせるもこれもキーパー正面。
60分には後方からのパスに抜け出したMF齊藤が相手GKと1対1のチャンスを作りますが、これも相手GKのファインセーブに阻まれ、得点とはなりません。

なんとか1点をもぎ取りたいFC大阪は、MF46稲垣雄太、FW9塚田卓と、攻撃的な選手を投入して攻勢を強めますが、なかなか決定的なチャンスを作り出せず、0-0のままで試合終了。

リーグ戦も残り4試合。応援してくれるファン、サポーターに少しでもサッカーを見てもらってシーズンを終えるために、FC大阪の最後の踏ん張りに期待されます。

次回のあすリートチャンネルライブ配信は、
11月10日(日)13時キックオフ 奈良クラブvsFC大阪 @ならでんフィールド

関西のJFLを盛り上げる阪奈ダービーをライブ配信します!
ぜひスタジアムで、スマホ片手に応援しましょう!