【FC大阪ハイライト】試合終盤の失点!2試合連続のドロー

青空澄み渡る秋晴れとなった奈良クラブのホームスタジアムならでんフィールドに乗り込んだFC大阪。

先発メンバーから前節に続きDF舘野が怪我で、またDF池永も累積警告の出場停止となりますが、DF上野山がFC大阪初出場。さらにFW濱野も初スタメンを飾るなど、前節からメンバーを入れ替えて挑みます。

DF2上野山、FW24濱野が初スタメン

試合開始からお互いに一歩も譲らない固い入り。FC大阪は3トップの木匠、濱野、須ノ又が流動できにポジションを変えながら、攻守に体を張ったプレーで、相手にプレッシャーをかけます。

徐々にペースをつかんだFC大阪は、16分、相手ゴール前でフリーキックのチャンスを得ます。
江郷下からのボールを濱野が相手との競り合いに勝ちヘディングシュート。しかし、惜しくもクロスバーを直撃。
40分には木匠がミドルシュートを放つも相手GKのファインセーブで得点ならず、前半を0-0で折り返します。

後半に入ってもFC大阪がボールを支配し、相手ゴールに迫ります。
すると52分、相手ゴール前でMF久保田からのパスを濱野が繋ぎ、最後は須ノ又がシュート!
またもやクロスバーを直撃するものの、そのボールはそのままゴールに吸い込まれ、FC大阪が見事に先制を果たします。
FW14須ノ又 今季3ゴール目となる先制弾!

勢いづくFC大阪は、追加点を狙うべく相手ゴールへ迫りますが、なかなか得点に結びつきません。
83分に古巣対戦となる横野純貴を投入して、攻撃の手を強めます。
このまま逃げ切りかという雰囲気となってきた88分、奈良クラブのコーナーキック。
ヘディングでゴール前に折り返したボールを、ボレーで押し込まれ、土壇場で同点とされます。

この直後に、水野、川西と交代カードを切っていきますが、勝ち越し点をを奪うことができず試合終了。
結局1-1のドローとなり、FC大阪は2試合連続の引き分けとなりました。

初出場・初スタメンで体を張った守備
DF2 上野山陣(うえのやま・じん)選手

クラブ公式の選手情報はこちら

攻守にわたり再三のチャンスを作る!
FW7 木匠貴大(きつい・たかひろ)選手

クラブ公式の選手情報はこちら

次のホームゲームは、
11/16(土) 13:00 KO FC大阪 vs 流経大ドラゴンズ龍ヶ崎 @服部緑地陸上競技場

あすリートチャンネルでは、FC大阪の全ホームゲームをライブ配信いたします。
ぜひスタジアムで、スマホ片手に応援しましょう!