238
   2019年5月4日放送
 

【競泳 飛び込み】宝塚のミラクルボーイ 玉井陸斗 12歳 「ノースプラッシュが快感!」

玉井陸斗 tamai rikuto

☆兵庫県宝塚生まれ 12歳
☆3歳のときjSS宝塚で競泳、小学1年で飛び込みを始める
☆ことし4月 宝塚市立高司中学校に入学
☆2019年 日本室内選手権の高飛び込みで優勝、シニアデビューを飾る

男子高飛び込みに超新星が現れた!

飛び込み界の名門 JSS宝塚 の玉井陸斗選手です。
この3月まで小学生だった12歳、ミラクルキッズ登場に日本中が沸きました。
4月21日、シニアの大会にデビューした玉井選手、なんと⒉位に60点以上の差をつけ、ぶっちぎりの優勝、
しかも史上最年少記録のおまけつき、一躍 東京オリンピック代表の最有力候補となりました。

身長143センチ 体重36キロと小さな玉井選手ですが驚くべきは筋肉質のボディー。

特に鍛え上げられた腹筋、背筋はトップアスリート並。
その体幹の強さが安定した回転速度、ひねりの際のブレのない安定感を支えているのです。
オリンピックに日本選手団最年少出場が期待されるワンダーボーイを取材しました。