327
   2021年1月23日放送
 

【バレーボール】白澤明香里 (久光スプリングス) 小さなルーキーの大きな挑戦

神戸市に活動拠点を持つ、Vリーグの名門、久光スプリングス。
今回紹介するのは、164cmのルーキー、奈良県出身の白澤明香里選手です。

高校時代は大阪の名門、金蘭会高校で全国制覇。
しかし、鹿屋体育大学時代は低迷し、キャプテンでチーム引っ張ることができず
引退を考えたことも…。

それでも卒業後は常勝軍団、久光スプリングスに加入。
攻撃的アタッカーのポジション「オポジット」貴重なサウスポーとして期待される白澤選手ですが
同じポジションで壁となって立ちはだかるのが、復活したベテラン長岡望悠選手。

164cmの白澤選手は、レギュラー定着を目指すものの試合に出られない日々も…。
「身長がちっちゃいので、フェイントとか相手のタイミングをずらしたりとか意識しながら 今はゲームとかでもやっているので、そこで勝負していきたいなって」

苦しい日々を支える白澤選手を支えているのが、“ある作品”
「それを読んだ時に 何かわからないんですけど、すごく嬉しい悲しいか、かわかんないんですけど 涙が出てきてそのシーンはすごい。その言葉はすごい好きです。

一体、何が白澤選手を奮い立たせているのでしょうか。

白澤明香里 SHIRASAWA AKARI プロフィール

1998年3月7日生まれ 22歳
奈良県出身 身長164cm A型
金蘭会高校―鹿屋体育大学卒業