【陸上競技】日本インカレ Day 2 女子100m決勝、十種競技

学生ナンバーワンを決める対校選手権

天皇賜盃 第89回日本学生陸上競技対校選手権大会(通称:日本インカレ)」
89回目の舞台は、新潟・デンカビッグスワンスタジアムです。
種目ごとの個人成績と、チームによる対校得点を競い、男子の総合優勝チームには天皇賜盃、女子の総合優勝チームには秩父宮妃杯が贈られます。

母校の誇りを胸に競い合う選手たちの熱い戦いを、関西勢、関西出身選手の活躍を中心に試合の動画をお届けします。

※ 新型コロナウイルス感染症対策のため無観客での開催です。


 ◇ 主 催:日本学生陸上競技連合
 ◇ 後 援:新潟県、新潟県教育委員会、新潟市、新潟市教育委員会
 ◇ 協 賛:ミズノ株式会社
 ◇ 期 日:2020 / 9 / 11(金)〜 9 / 13(日)
 ◇ 会 場:デンカビッグスワンスタジアム(新潟県・新潟市)


女子100m 優勝は日本歴代3位のタイムで兒玉芽生、2位に立命館の壱岐あいこ

関西勢では壹岐あいこ選手(立命館大2年)と齋藤愛美選手(大阪成蹊大3年)の2選手が決勝に進出しました。
優勝したのは準決勝1位通過した兒玉芽生選手(福岡大3年)、向かい風0.2mの中、大会記録を更新する11秒35(日本歴代3位)で走り初優勝、
2位に壹岐あいこ選手、昨年3位だった齋藤愛美選手は5位でした。

壹岐あいこ選手のコメント
「福井で自己ベストで走れて調子がいいのかなと思いますが、
自分で調子がいいって思ってしまうとダメな気がして、まだまだですと言ってます。
タイムが縮まってる理由は練習環境があると思います。
同期に臼井がいて、いつも話し合いながら競って練習してるので伸びてるのかなと」


公式リザルト 

     

十種競技 川上ヒデルがキング・オブ・アスリート初戴冠

川上ヒデル選手(関西学院大3年)が強豪関東勢をおさえ初優勝!
川上選手は去年の大会は22位からの大躍進でした。
東高西低の男子陸上界ですが、実は出身校を見ると…
川上選手は兵庫県立鳴尾高、2位の田上選手は京都・洛南、3位の丸山選手は大阪府立信太高校、
4位森口選手は大阪・東海大仰星、5位潮崎選手は兵庫・滝川二高出身なんです。

公式リザルト



引き続き、大会2日目の動画をアップ予定です。