【オリックスバファローズ】山本由伸が初のブルペン入りで新球種チェンジアップを披露!T-岡田&安達が節分イベントで今季の活躍誓う!

オリックスキャンプ3日目。宮崎・SOKKENスタジアムは気温13℃と肌寒い日になりましたが、選手たちは熱気を帯びた練習を行い、多くの汗を流しました。

この日一番の注目は、キャンプ初のブルペンに入った山本由伸投手。正捕手の若月とバッテリーを組み、立たせたまま22球、その後座らせて24球の計46球を投げ込みました。
「力を抜いた状態で強いボールを意識してやった」とストレートをあえて高めに投げ、ボールの感触を確かめていました。

さらに今季から新球種チェンジアップの習得に取り組んでおり、この日初披露となりました山本は、「確認程度でなげたので、精度はまだまだ」とまだ習得には至っていない様子。
「これから時間をかけて、しっかり練習していきたい」と語り、昨シーズン最優秀防御率のタイトルに輝いた右腕の進化はまだまだ止まることはなさそうです。

唸りをあげるストレートを投げ込む山本由伸

今季からエースナンバー“18”を背負う

山本由伸 インタビュー

東京オリンピックでの活躍も期待の右腕


Q.キャンプ3日目を終えて
今日初めてブルペンに入ることができて、特に異常もなくしっかり野球やれているので、いい時間を過ごせていると思います。

Q.初ブルペンの感触は?
フォームを一つ一つ、しっかりチェックするところを確認しながら投げたんですけど、いいバランスでしっかり投げれたと思います。

Q.今季からつける背番号「18」について
とてもいい番号といいますか、先輩たちも大事にしてきた背番号なのでしっかり期待に応えられるように頑張りたいと思います。

Q.チームメイトから18番について何か言われた?
お世辞かわからないですけど、褒めていただいてます(笑)

T-岡田が恵方巻を食べ一言 「醤油が欲しいです」

また練習後に行われた節分のイベントに、チームを支えるベテランのT-岡田外野手、安達了一内野手の2選手が登場。多くの報道陣、ファンに囲まれながら恵方巻を頬張りました。
昨シーズン不本意な結果に終わった2選手ですが、チームの上位進出には欠かせない存在。「体調管理をしっかりして、ケガなくやっていきたい」と今シーズンへの意気込みを語りました。

チームの上位進出へカギを握るT-岡田(左)&安達(右)


Q.恵方巻の味は?
T岡田 おいしいです!ちょっと醤油が欲しいですけど(笑)
安達 おいしいですね。

Q.願いごとは何にした?
T岡田 今年1年しっかりケガなく、活躍できるようにというところです。
安達 体調が1番なので、体調管理をしっかりやって頑張りたいなと思います。

Q.キャンプ3日目を終えて
T岡田 今のところ順調なので、このまましっかりもっともっと良いものを求めてやっていきたいと思います。
安達 いい練習はできてると思います。

Q.今シーズンの目標は?
T岡田 必死にがむしゃらにやるだけです!
安達 まずは体調管理をしっかりして、1年間試合に出続けることを目標にやっていきたいと思います。