【サッカー】関西Jリーグ4クラブ 「負けへんで!関西」プロジェクト第2弾 熱中症に気をつけて!

コロナ禍に打ち勝つべく、関西Jリーグ4クラブが一つになり、「負けへんで!関西」プロジェクト第2弾を発表しました。

「負けへんで!関西」プロジェクトは新型コロナウイルス対策、そして関西に元気と笑顔を届ける活動で、第2弾となる今回は熱中症予防の啓発となります。

日増しに熱くなる中でも、いまだマスク着用が必須となっており、身体への負担がかかり、熱中症へつながる可能性が高くなることが懸念されます。
今回の啓発ポスターには、京都サンガF.C.庄司悦大選手、ガンバ大阪・倉田秋選手、セレッソ大阪・柿谷曜一朗選手、ヴィッセル神戸・古橋亨梧選手がモデルとなり、熱中症対策としてソーシャルディスタンスを取りながら適宜マスクをはずして休憩する、水分補給をするなど、個々での注意喚起を願って制作されました。

今後、各自治体で順次掲示される予定となっています。
熱中症対策をしながら、熱戦のJリーグを楽しみましょう!


関西Jリーグ4クラブのその他の記事はこちら!
▶︎ 京都サンガF.C. ▶︎ ガンバ大阪 ▶︎ セレッソ大阪 ▶︎ ヴィッセル神戸