【FC大阪】JFL第2節は、アウェーでヴィアティン三重と対戦!

Jグリーン堺メインフィールドに詰めかけた1912人の熱烈サポーターの応援の中行われたFC大阪とFC今治の開幕戦。
再三のチャンスを作りながらもゴールネットを揺らすことができないFC大阪ですが、その一方でJFL屈指の今治の攻撃陣を0点に抑え、スコアレスドローへと持ち越しました。


和田監督は、昨シーズンは失点が多かったから、この守備を継続していきたいと次節への手応えを感じていました。
第2節から第4節までアウェイ3連戦となるFC大阪は、今週末はヴィアティン三重と対戦します。

JFL入会3年目で初の白星発進となった三重に対し、今季初白星を挙げるために気合の入るFC大阪。
昨年は互いにホームで大勝したこの対戦。今回も攻守の切り替えの早い展開でゴールシーンが多く見られる試合となるか期待したいところです。


チーム所属6年目となるドリブラーMF須ノ又選手と、守備の要となるCB池永選手に次節への意気込みを聞きました。

14 MF 須ノ又諭(すのまた・さとし)選手



5 DF 池永航(いけなが・わたる)選手




あすリートチャンネルでは今シーズンのFC大阪のホームゲームを全試合ライブ配信いたします。

次回は 4月14日(日)13:00 K.O. vs ラインメール青森

お楽しみに!