【FC大阪】クラブ史上初のホームタウン東大阪・花園でのホーム戦、あす開催!

今シーズンから東大阪市とホームタウン提携を結び、大阪第3のJリーグ入りを目指すFC大阪が、あす18日に花園中央公園多目的球技広場でホームゲームを開催します。

ラグビーの聖地・花園でサッカーの公式戦が行われるのは、1999年のJ1・1stステージ第12節のセレッソ大阪vs名古屋の試合が第一グラウンドで行われて以来、20年ぶり。
今回は第一グラウンドの隣に併設されている多目的球技広場(トライスタジアム)での開催となりますが、スポーツで地域を盛り上げていこうとする東大阪とともに、「ラグビーのまち」から「フットボールのまち」への第一歩となる試合になります。

前節の奈良クラブに今季初黒星を付けられましたが、和田監督は「この敗戦をどう捉えるかが大事だと思う」と冷静に受け止め、翌週の天皇杯大阪予選では見事、阪南大クラブを下し、3年連続の天皇杯大阪府代表としての出場権を獲得しました。

明日の試合は8位のヴェルスパ大分と対戦。
記念すべき第一歩とのなる試合を前に、本番と同じ多目的球技広場で全体練習を行い、芝の感触を確かめたFC大阪。
ケガで戦線離脱している岩本選手に代わり、キャプテンマークをまく木匠選手に意気込みを聞きました。

MF7木匠貴大(きつい・たかひろ)選手




さらに、明日のライブ配信でゲスト解説として出演していただく、FC大阪スペシャルアドバイザーの山野孝義さんが精力的に取材を行っていました。東大阪出身の塚田選手への取材の様子をご覧ください。

FW9塚田卓(つかだ・たく)選手 x 山野孝義(FC大阪スペシャルアドバイザー)


あすリートチャンネルでは、FC大阪の全ホームゲームをライブ配信いたします。
5月18日(土)13:00キックオフ
FC大阪vsヴェルスパ大分 @花園中央公園多目的球技広場
ぜひスタジアムを満員にして、スマホ片手にFC大阪を応援しましょう!