333
   2021年3月6日放送
 

【競泳/自由形】武器は伸びるキック! ニッポン競泳長距離のニューヒロイン 難波実夢(天理高校 18)

名前は実夢(みゆ) “ 夢が実る ” の思いをこめて

競泳女子自由形は2004年アテネ五輪自由形800メートルで柴田選手が優勝して以来、金メダルがありません。
そんな中、17年ぶりにメダル獲得の可能性を持った選手が現れました。
奈良出身の18歳、難波実夢選手です。
難波選手はおととしの2019年、競泳の日本選手権400mで6連覇中の五十嵐選手を破り優勝、その勢いで800m自由形も制し16歳で2冠に輝きました。
女子長距離で次々と高校記録を塗り替えた難波選手、東京五輪で狙うは400m、800mと新たに採用される1500メートル。
この3種目すべてで高校記録を更新した難波選手、女子自由形長距離界に現れたニューヒロインを紹介します。

難波 実夢(なんば みゆ)プロフィール

奈良県出身 
2002年5月31日生 18歳 A型
身長162センチ 体重62キロ
天理高校〜近畿大学に進学予定
ニッシンスイミングスクールマコト(大和郡山市)
2019年 日本選手権女子自由形400ⅿ/800m 優勝
※競泳世界ジュニア選手権女子自由形800mで東京五輪派遣標準記録突破
2020年 日本選手権女子自由形1500m 優勝(16分13秒80 高校新記録 )
     自由形400、800、1500m 高校記録保持者

去年10月、あすリートでご紹介した自由形短距離の池本凪沙選手(イトマンSS)とは同学年、
大阪と奈良、同じ関西で活躍する二人は大親友だそうです。