【陸上競技】田中佑美 100mハードルで圧勝!でも「タイムが伸びない…」 決勝レース&インタビュー(大阪選手権 Day1)

100mハードル決勝 大阪陸上競技選手権 2020/7/23 ヤンマースタジアム長居

100mハードル、去年の学生チャンピオン田中佑美(立命館大学4年)が予選を13秒52で予選通過。
決勝は向かい風0.8mの中、ひとりだけ13秒台のぶっちぎり優勝。
それでも去年100分の2秒まで迫った学生記録を狙う最終学年の田中は「タイムが伸びませんね…」とフィニッシュ後もちょっと浮かない表情。

公式リザルトはこちら

100mハードル優勝 田中佑美インタビュー

100mハードルで優勝した田中佑美(立命館大学)のインタビューです。
「タイムが全然上がらなくて悔しいです!京都選手権より内容はマシなんですがタイムが全くついてきてない。いいグランドで走らせてもらってもったいないなと思います」 取材 林 龍之介(読売テレビ)