【陸上競技】女子400m予選で 青山聖佳(大阪成蹊AC)が日本歴代2位の大会新! レース&インタビュー(大阪選手権 Day1)

女子400m予選一組  大阪陸上競技選手権 2020/7/23 ヤンマースタジアム長居

女子400m 青山聖佳(大阪成蹊AC)が日本歴代2位の大会新記録!
予選一組を走った青山選手は2位以下に5秒以上の差をつけ短距離なのに独走状態。
丹野麻美(2008年静岡国際)の持つ日本記録51秒75に次ぐ52秒38の大会新、大阪新記録で決勝に進出しました。

公式リザルトはこちら

青山選手は島根県出身、2016年日本選手権400m優勝、大阪成蹊大時代には日本インカレで200m、400m、4×100mリレー、4×400mリレーの4冠に輝くスプリンターです。
青山聖佳プロフィールはこちら(日本陸連)

女子400m大会新 青山聖佳(大阪成蹊AC)インタビュー

決勝に進出した青山選手は川田朱夏選手ら大学生、高校生らの追撃を逃げ切り優勝。
新記録達成と優勝、喜びのインタビューです。

「(歴代2位の)このタイムは秋頃に出せたらいいなと思ってたんですが、初戦で出てびっくりしてます。この先、日本実業団、日本選手権とあるので日本記録を狙っていきたいです」 取材:林 龍之介(読売テレビ)