【陸上100m】多田修平がイベントに参加「こんな長距離走ったのは中学生以来?」

ドーハ世界陸上4×100mリレー銅メダリストの多田修平選手(住友電工)が地元大阪に凱旋。
長居公園で抽選に当たった39名のランナーと周回コースで流しました。
周回ランニングコースの路面にランナーに分かりやすいように距離が表示され、そのお披露目のイベント。
その名も「マニュライフ生命 長居公園距離表示完成記念ランニングイベント」とちと長いです。
東大阪市出身の多田選手にとって大阪の長居はインターハイ予選を走ったり、大学時代も日本選手権をライバルたちと戦った思い出の場所です。



参加者と話を交わしながら約2.8キロのジョギングをした多田選手。

(普段は3キロとか走ります?)
「いや、走らないです。全然。マックス200メートルです。(笑)」


こんな長距離(?)は中学生のとき以来だそうです。

多田選手はこのシーズンオフ、しっかりと汗をかいてリフレッシュ出来たそうです… ♨️ ♨️ ♨️
インタビューもご覧下さい。


取材:林龍之介ディレクター