【阪神タイガース】虎のエース復活へ! 藤浪晋太郎がシート打撃に登板!

気温22度と南国沖縄らしい眩しい日差しが照り付けた阪神キャンプ4日目。
15年ぶりのリーグ優勝、35年ぶりの日本一に欠かせない男、藤浪晋太郎投手(25)がキャンプ初のシート打撃に登板しました。

注目の初球はいきなり152キロをマーク。さらに近本選手に対してはこの日最速、154キロのストレートを投げ込んだ藤浪投手。
打者5人に対して2安打1四球という結果も、コントロールに大きなばらつきはなく、本人も内容には手ごたえを感じていました。

この日の最速は154キロ

シート打撃終了後には、ブルペンに戻って13球を投げ込み感覚を確認。ファンも待ち望むエース復活へ、毎日熱のこもったキャンプを過ごしています。


藤浪晋太郎 シート打撃成績
1.髙山 二塁打
2.木浪 一ゴロ
3.近本 四球(初球に今日最速の154キロ)
4.島田 一ゴロ
5.坂本 三塁打

全12球中 ストライク6球 ボール6球
ストレート8球中6球が150キロ超え


藤浪晋太郎 インタビュー

35年ぶりの日本一へ、この男の復活は欠かせない


Q.シート打撃を振り返って
よかった点と悪かった点がたくさんあるので、まぁ及第点といった感じでしょうか。

Q.良かった点は?
ある程度自分のやってきたことを出せたところ、課題として入ったところができたのが良かったかなと思います。

Q.ストレートの質に関しては?
まだまだもうちょっとよくなる点もありますし、ストレートの質っていう点ではまだまだかなと思いますけど、球速は自分の中ではどうでもいいというか、課題にはしていないので、あまり思うところはないです。

Q.変化球に関しては?
抜け球もあったので、もうちょっとなんとかしたいなって思います。

Q.制球に関しては?
特段悪くもなく良くもなくっていう感じですけど、ある程度はまとまっていたので。

Q.シート打撃後のブルペンでは?
自分の中で感覚として確認したいところがあったので。

Q.次の実戦に向けての修正点は?
今日の課題としては、ある程度安定してゾーンの中で勝負、外角とか内角とか緩急とかをあまり気にせずある程度ゾーンに投げられたらいいかなと思っていたので、次回以降「投球」っていうものができれば、緩急だったり内外の投げ分けだったりが出来ればなと思います。

Q.今シーズンにかける想いは?
ここ数年活躍できていないので、しっかり活躍したいなと思いますし、いいオフを過ごした分そこをしっかり出せるようにしたいなと思います。

Q.シート打撃を振り返って
よかった点と悪かった点がたくさんあるので、まぁ及第点といった感じでしょうか。

Q.良かった点は?
ある程度自分のやってきたことを出せたところ、課題として入ったところができたのが良かったかなと思います。

Q.ストレートの質に関しては?
まだまだもうちょっとよくなる点もありますし、ストレートの質っていう点ではまだまだかなと思いますけど、球速は自分の中ではどうでもいいというか、課題にはしていないので、あまり思うところはないです。

Q.変化球に関しては?
抜け球もあったので、もうちょっとなんとかしたいなって思います。

Q.制球に関しては?
特段悪くもなく良くもなくっていう感じですけど、ある程度はまとまっていたので。

Q.シート打撃後のブルペンでは?
自分の中で感覚として確認したいところがあったので。

Q.次の実戦に向けての修正点は?
今日の課題としては、ある程度安定してゾーンの中で勝負、外角とか内角とか緩急とかをあまり気にせずある程度ゾーンに投げられたらいいかなと思っていたので、次回以降「投球」っていうものができれば、緩急だったり内外の投げ分けだったりが出来ればなと思います。

Q.今シーズンにかける想いは?
ここ数年活躍できていないので、しっかり活躍したいなと思いますし、いいオフを過ごした分そこをしっかり出せるようにしたいなと思います。