【阪神タイガース】野村克也さん追悼試合 阪神対広島に新外国人スアレスが登板

阪神タイガースキャンプ第3クール3日目に行われた広島との練習試合は11日に死去した元監督野村克也さん(享年84)の追悼試合として実施されました。







試合前には大型スクリーンに野村さんの画像が映され、両チームの監督、選手らは喪章をつけファンと共に黙とうをささげました。

練習試合ではソフトバンクから移籍した新戦力スアレスが実戦初登板。




3点ビハインドの四回、中田が緊急降板したため、2死一、三塁のピンチで急きょ登板。最初のバッターにタイムリーヒットを浴びましたがその後は実力を発揮。
自己最速161キロを誇る自慢のストレートはまだ2月にもかかわらず150キロ台をマーク!最後は連続三振で絞めるなど圧巻のピッチングを披露しました。虎が誇る強力リリーフ陣に頼もしい新戦力が加わりました。