【オリックスバファローズ】初のオープン戦に臨むも 昨年日本一のソフトバンク相手に4-10と力負け

春の陽気となった宮崎・SOKKENスタジアム。

今シーズン初のオープン戦となったオリックスは昨年日本一のソフトバンクと対戦。いよいよ実戦が始まる中でファンの注目度も高まります。
この日は日曜日ということもあって球場には4013人のファンが球場を埋め尽くしました。

SOKKENスタジアムに押し寄せたファンは4013人


試合はオリックス投手陣が5回までに9点を失うなどソフトバンク打線に打ち込まれる苦しい展開。しかし5回裏、チャンスを作ると“ラオウ”の愛称でおなじみの杉本選手がタイムリー!勝負強い打撃を見せます。杉本選手は21日の紅白戦でもホームランを放つなど一軍定着に向けアピールが続きます。

この回3点を返しましたが反撃もここまで。4-10で敗戦となりました。
ソフトバンクに力の差を見せつけられたオリックス。開幕まであと1か月、これからの巻き返しに期待です。