【大切な人を守るために、自分を守る】元阪神タイガース赤星憲広さんがユニフォームでマスクを製作

世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス。
現在、日本のみならず、世界各地でマスク不足が深刻化しているなか、プロ野球阪神タイガースで2度の優勝に貢献し活躍した解説者の赤星憲広さんがユニフォーム素材でマスクを製作しました。

明るい未来の為にマスクの輪を広げたい

赤星さんはこの状況の中、自分に何かできることはないか、微力でも役に立ちたいという思いをずっと持っていました。
そんな中、野球のユニフォームを製作している国内のスポーツメーカーにお願いし、ユニフォーム素材を使用したチャリティーマスク「Ring of マスク」の製作に至りました。

このマスクの利益を赤星さんが現役時代から行っている活動、「Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~」を通じ新型コロナウイルス対策支援団体で寄付を行うとしています。

Ring of Red~赤星憲広の輪を広げる基金~
現役時代に盗塁数と同じ数の車椅子を寄付する活動を続けきた赤星さんの、チャリティーや社会貢献を目指した活動で、引退後は車椅子の寄付のみならず、熊本地震や西日本豪雨などで必要とされている方々に寄付をするなどの活動を行っています。

このRing of マスクに込めた赤星さんの思いは、「マスクの輪を広げることで自分を守り、大切な人も守れ、周りの人たちも守ることが出来ます。明るい未来のために皆さまとともに、この輪を広げたい。」と力強いメッセージをくれました。

赤星憲広さんからのメッセージ

マスク不足が深刻化している中で僕にも何かできることはないかなと、非常に考えた結果、役に立ちたいなと思って、今回は色々考えた中で行動を起こそうと思いました。

その中で野球のユニフォームを製作している国内のスポーツメーカーにお願いして、ユニフォーム素材でのチャリティーマスクの製作に至りました。
その中でマスクの利益の全額をRing of Red~赤星憲弘の輪を広げる基金~を通じて新型コロナウイルス対策支援団体で寄付をさせていただこうと思っております。

本当にマスクっていうのは今、してるかしてないかで全然変わってくると思っているんですね。実際に外で歩いてみても、もちろんマスク不足ですから、なかなかマスクを出来ないっていう人もいる中でどうしても今世間の人たちっていうのはマスクをしているかしてないかによって距離を取らなければいけないというか、近くにいけないというかそういう現象が起きていると思うんですね。

その中でマスクが不足しているという大変な時期なのでとにかくマスクをなんとかしないといけないと僕の中で至ったんですが、実際のマスクなんですがユニフォーム素材で作っているっていうのもあって、非常にフィット感もあってつけた感触というのは素材的にユニフォームの生地なので肌触りも良いんじゃないかなと。もちろん洗濯して何度も使うことも可能という意味でいうと非常に利点があるのかなと思います。
本当にマスクの輪を広げることで、もちろん自分を守ることもできるし大切な人を守ることも出来ます。周りの人たちも守ることも出来ます。

明るい未来のためにこの輪を広げたいと思いますので、ぜひ皆さまご協力よろしくお願い致します。

オリックスのT-岡田選手も活動に賛同し着用しています!



【赤星憲広 新型コロナウイルス対策支援チャリティーマスク“Ring of マスク”】

カラー:ホワイトの2枚セット
素材:シルキーストレッチニット(野球にユニフォームに使用されている伸縮性に優れた素材)
価格:2,500円(税抜)

詳細は http://office-sic.jp/goods/mask/ をご確認ください。