【オリックス・バファローズ】新入団会見 ドラ1・山下舜平大投手が「沢村賞をとりたい!」

2年連続最下位に終わったオリックス・バファローズ。捲土重来を期すチームにフレッシュなメンバーが加わりました。今年、ドラフトで獲得した6名と育成ドラフトで獲得した6名の計12名が入団会見を行い、プロでの意気込みを語りました。

今シーズンはコロナ禍で高校生にアピールの場がなかったにもかかわらず、オリックスはドラフトで高校生を4名、育成ドラフトでも3名指名。それだけのポテンシャルを秘めた逸材が揃います。

1位の山下舜平大投手(福岡大学附属大濠高)、2位の元謙太(中京高)はいずれエースと4番になる器とスカウト陣が絶対の自信をのぞかせます。特に山下投手は189cmの長身から投げ込むストレートとカーブがエグイ!と言われ、本人も「165kmを目指したい。沢村賞をとりたい!」と大きな目標を掲げました。

新たに入団した12名の中から、ドラフト1位・山下投手、ドラフト2位・元選手、ドラフト3位・来田選手の会見をお届けします。

左から元・山下・来田の高校生トリオ

ドラフト1位 山下舜平大(やました・しゅんぺいた)投手 (18歳)

背番号12 右投げ右打ち 189cm/93kg 投手 福岡大学附属大濠高校 福岡県福岡市出身

将来性抜群の大型右腕。MAX154キロを誇り、ストレート・カーブともにキレ味抜群。将来、日本のエースになる存在

「山下舜平大です。チームの優勝に貢献できるように、1年目は色んな経験をして色々と学び頑張っていきます。応援よろしくお願いします。」

Q.山下投手は189cm、いつ頃から大きくなったんですか?
A.身長はずっと高い方ではありました。高校入ったときは185cmくらいでした。

Q.ご自身のセールスポイントは?
A.自分のセールスポイントは、高校時代は真直ぐとカーブだけで勝負してきて、プロに入って球種は増えると思うんですけど、その2つを中心に組み立てていくのが自分のセールスポイントだと思います。

Q.プロに入って具体的な目標は?
A.球速165kmを目指して頑張って練習したいです。

Q.ほかの変化球とかピッチングのこだわりは?
A.(高校時代)練習中も他の球種の練習はしてないですし、その2つしか投げてなかったです。

Q.他の高校生で意識していたのは?
A.隣にいる来田くんもずっと有名で、画面でしか見たことなかったんですけどとても刺激をもらってよい存在だなと思っていました。

Q.1位指名を受けた気持ちは?
A.とても驚きましたし、嬉しかったです。

Q.将来はどんなピッチャーになりたいですか?
A.目標とする選手は(オリックス)山本選手のような球界を代表するようなエースピッチャーになりたいなと思ってます。まだしっかりとした数字はないんですけど、沢村賞というタイトルをとってみたいです。

Q.対戦したい相手は?
A.(地元福岡で見ていた)ホークスの柳田選手と対戦してみたいです。とても強い打球が飛ぶという印象があります。

Q.感謝の言葉
A.色んな方にサポートしてもらって本当にありがとうございました。これから結果で恩返しできるよう頑張るので、これからもよろしくお願いします。

ドラフト2位 元謙太(げん・けんだい)選手 (18歳)

背番号27 右投げ右打ち 186cm/86kg  外野手 中京高校 岐阜県多治見市出身

走・攻・守すべてのレベルが高く、走る姿からも身体能力の高さを感じさせる。ここぞという場面で力を発揮できるメンタルの強さが魅力の逸材

「元謙太です。まず自分ができることやるべきことをしっかりやって、少しでも早くオリックスの勝利、日本一に貢献できるように頑張ります。応援よろしくお願いします。」

Q.2位指名受けた時の気持ち?
A.正直準備ができてなかったというか、1巡目が終わった後にちょっと休憩をはさんですぐに2巡目で呼ばれたのでビックリしたっていうのが本音です。

Q.高校時代はピッチャーで甲子園にも出たが?
A.高校時代はピッチャーもやらせてもらっていたんですけど、プロ野球っていう世界はそんなに甘いものではないので自分の中でしっかり野手に絞って、これからは打撃で活躍していければ良いなと思ってます。

Q.ご自身のセールスポイントは?
A.自分のセールスポイントは気持ちを前面に出すプレーと、打球の飛距離だと思っているので、ハツラツとしたプレーで勇気や感動を与えられたら良いなと考えています。

Q.ホームランの飛距離は?
A.推定120mとは言われてました。

Q.プロに入っての目標は?
A.目標とする選手は吉田正尚選手のような日本を代表するような選手になりたいと思ってます。まだハッキリとした数字はないんですけど、いち早く一軍に上がって勝利に貢献出来たら良いなと思っています。

Q.対戦してみたいピッチャーは?
A.ソフトバンクホークスの千賀投手は対戦してみたいです。ホークスはリーグ優勝と日本一にもなってるので勝てるように準備して打てるようにしていきたいと思ってます。

Q.関西の印象はどうですか?
A.(中京高校の)チームメイトにも関西出身の同級生がいるんで、すごい話しやすいですし、コミュニケーションとりやすいっていう印象があります。

Q.感謝の言葉
A.自分は小学校3年生の時から地元で野球をやらせてもらってるので、、結果でこれから恩返しできるように、あと自分の気持ちを出すプレーで元気を与えられるように頑張るのでよろしくお願いします。

ドラフト3位 来田涼斗(きた・りょうと)選手 (18歳)

背番号38 右投げ左打ち 180cm/85kg 外野手 明石商業高校 兵庫県神戸市出身

小学校6年生の時はオリックス・バファローズJr.で活躍。将来的にはチームを代表するだけでなく、トリプルスリーも狙える逸材

「来田涼斗です。自分の中での目標はトリプルスリー、そしてチームを日本一に導けるような選手になって頑張っていきたいと思っています。応援よろしくお願いします。」

Q.縁のあるオリックスへ入団した気持ち?
A.(高校3年生では)コロナ禍の中、自分も良い結果を残せずドラフトには不安な気持ちで挑んだんですけど、無事オリックス・バファローズから3位指名受けてホッとしました。

Q.子供のころからオリックスは身近なチーム?
A.小学校の頃からオリックスの試合をほっともっとで見たっていう印象がかなり強いです。

Q.その舞台でプレーすることのなりますが?
A.小さい頃からの夢が(プロ入りで)一つ叶ったっていうのがあるんですけど、もう一つの夢がオリックスのユニホームを着てグラウンドでプレーするのが夢なので、一軍に上がって叶えたいと思っています。

Q.セールスポイントは?
A.セールスポイントは積極的な走塁と長打力が持ち味だと思っています。

Q.打順へのこだわりはありますか?
A.こだわりっていうのは全然ないんですけど、1番バッターでチームを勢いずけられたら名と思っています。

Q.目標とする選手は?
A.オリックス・バファローズの吉田正尚選手です。あのようなパワフルなバッティングを目指して、日本を代表するような選手を真座してやっていきたいと思います。

Q.明石商業の中森君とはドラフト後どんな話を?
A.これからもお互い頑張っていこうっていう話は言いました。中森とプロで対戦することがあれば高校時代は同じチームでしたけどプロの世界では違うチームなので、オリックスが勝てるように自分もチームバッティングをしっかりしていきたいと思っています。

Q.対戦してみたいピッチャーは?
A.(高校の先輩)西武ライオンズの松本航投手です。松本投手が教育実習で明石商に帰ってきている時に、松本投手の投げる球を見て凄いなって思って、プロの世界で戦ってみたいと思いました。

Q.打つ自信はありますか?
A.あります!

Q.プロでの目標は?トリプルスリーは?
A.トリプルスリーは簡単に残せる数字ではないので、1年目から3割バッターを目指して頑張っていきたいです。

Q.感謝の言葉
A.これまで家族に支えてきてもらって今の自分があると思っているので、その恩をプレーで返せるようにやっていきたいと思っています。

オリックス・バファローズ2020年ドラフト

ドラフト6名と育成ドラフト6名の計12名が入団

1巡目 山下舜平大 投手 18歳 
2巡目 元謙太 外野手 18歳
3巡目 来田涼斗 外野手 18歳 
4巡目 中川颯 投手 22歳
5巡目 中川拓真 捕手 18歳
6巡目 阿部翔太 投手 28歳

育成1巡目 川瀬堅斗 投手 18歳
育成2巡目 辻垣高良 投手 18歳 
育成3巡目 宇田川優希 投手 22歳
育成4巡目 釣寿生 捕手 18歳
育成5巡目 佐野如一 外野手 22歳
育成6巡目 古長拓 内野手 26歳



オリックス・バファローズに関するそのほかの記事はこちら!