【オリックス・バファローズ】山本由伸が自主トレを公開!「開幕投手を任される投手になりたい」

良い状態でキャンプに入りたい

25日、春の日差しが差し込み1月とは思えない舞洲の球団施設で昨季最多奪三振のタイトルを獲得した山本由伸投手が自主トレを行いました。
山本投手の練習としては恒例となったやり投げや、キャッチボールは100mの距離を投げるなどし汗を流しました。今シーズンで5年目のシーズンを迎える山本投手は自身の状態を問われ「2か月間時間をかけて練習出来たのでオフシーズン全体としては順調にきています。キャンプインにいい状態で入れたらと思います」とコメント。
しっかりチームの顔として成長した山本投手はたくましい表情でインタビューに答えていました。

やり投げトレーニングで投球フォームを模索中

しっかり戦力になって優勝できる力になりたい



今季の目標を聞かれると「チームが勝ててないのでしっかり戦力になって優勝できる力になりたい。開幕投手はまだ経験してないのでしっかりそこを任せてもらえるような投手になりたいと思います」と意気込みを語ってくれました。

また。2年前のプレミア12で世界一に貢献し日本代表としても活躍が期待されている山本投手は半年後に迫った東京五輪について聞かれると「大変な状況なのでオリンピックがどうなるかわからないですけど、僕自身はまずはシーズンに向けて野球と向き合っていけたらなと思っています。」とコメント。

2年連続最下位と苦渋を飲まされているチームですが、“打”では吉田正尚選手、“投”では山本由伸投手、山岡泰輔投手と球界を代表するような選手がしっかりとチームの軸となっています。今シーズン目指すべきところは優勝ですが、まずはBクラスを脱出し2014年以来のクライマックスシリーズ進出を目指して今シーズンチーム一丸となり戦うチームをみなさんも応援しましょう!


オリックス・バファローズに関するそのほかの記事はこちら!