【阪神キャンプ】ショートに再挑戦する鳥谷の心境に迫る!

ことし3シーズンぶりにショートのレギュラー取りに燃える鳥谷敬37歳。今年のキャンプでは初日から若手に交じり精力的に汗を流す鳥谷は矢野監督から第1クールのMVPに選ばれました。

<矢野監督>
鳥谷はやっぱりすごく意識が高いなという1個1個のプレーを見ているとすごくそういうのを感じられますし内面から気持ちが 僕にはあふれ出ているように感じましたけどね

◆矢野監督も期待する鳥谷に、きのうインタビューしてくれたのは鳥谷の5学年先輩、す・またん!には2年ぶりの登場プロ野球解説者の赤星憲広さん。

◆現役時代、プロ1年目から5年連続で盗塁王を獲得。レッドスターと呼ばれファンに愛された赤星さん。
2005年には鳥谷と共に優勝を味わうなど6年間苦楽を共にした兄貴的存在。
 さぁ今回は鳥谷の今年にかける並々ならぬ思いに迫りました。

赤:16年目のシーズンを迎える訳ですが今年は新たな挑戦ということでもう1回ショートで勝負するというこを矢野監督に伝えたみたいですが?

鳥:去年の最後の方にショートを練習していた時期があったのでその時にもう1回ショートをやりたいなっていう気持ちが出てきたので自分が1番動きやすいし、勝負できるポジションはショートだったんだなって感じながら練習をしていたのでショートをやりたいと(矢野監督に)言ったんですけど。

赤:そういう意味で言うと去年2018年は正直 鳥谷の中で悔しい1年だったというか 

鳥:そうですね ヒットも全然打ってないですし・・・

◆セカンドへコンバートされ臨んだ昨シーズン。鳥谷はシーズン序盤から打撃不振に陥り打率、ヒット数、ホームラン数の全てがプロ入りワーストの成績。シーズン終盤には代打や守備固めでの出場を余儀なくされベンチを温める日々が続きました。

鳥:いつ試合に出るか分からない状況を初めて経験しましたし怪我で外れるってことはあったけど、もう開幕して2試合目からスタメンを外れるっていう状況だったので悔しいというか自分自身何をしたら良いのか どうしたら良いのか分からないまま1年が終わってしまいましたけどね

赤:去年に結構しゃべってても結構悔しさを表に出していたというかやっぱり不甲斐ないんだなって感じてると思ったんだけど

鳥:なかなかチームもうまい事いってなかったですし自分自身がしっかり出ていたら、もっと変えられた部分があったんじゃないかとかそういう思いもグラウンドを眺めながらベンチで見てて思ったので、より悔しかったというかこの戦力でなんでビリになってしまったんだろうっていう気持ちが強かったですね。

◆去年味わった悔しさを晴らすべく迎えた16回目の今年のキャンプ。過去4度ゴールデングラブ賞を獲得した慣れ親しんだショートのポジションでハツラツな姿を見せています。

鳥:動きやすいというか当然捕るだけじゃなくて投げるという部分では角度が合うといういか、ちょっとヤバいなって思ったときにしっかり調整して投げられるポジションではあるのでそういう意味では自分が10何年やってきた馴染みがあるというか、ポジションだなって感じています。

赤:今後、試合にレギュラーで出るためにはどうしなければいけないのかってどういう風に考えています?

鳥:まずはキャンプで怪我をしないようにやらなければポジションはないと思いますし、ポジションを取るためには、オープン戦からしっかり出て、結果を求めてやっていかないといけないので、どんどんピッチャーとの打席に立ったりとかしなければいけないので、そういう風に早い段階で仕上げるということではないですけど常に試合を想定してやった中で見つかった課題をクリアしていくことをやっていくしかないと思っています。

赤:鳥谷がショートに挑戦するってなった時に今年ダメだったら引退を覚悟するくらいの気持ちでやるって言ってましたけど

鳥:もう5年10年も野球をやれる訳じゃないのでそういう意味では常にここから自分がどう辞めていくかっていうことがこれからの目標を作る1つのものでもあるので辞めること、野球が出来なくなることを常に意識しながらそうすれば1球1球も大切に出来ますしそういう強みは逆に若い選手にない強みがあるんじゃないかなと思って噛みしめながらやっていますけどね。

◆退路を断ち背水の思いで今シーズンにかける鳥谷の活躍今後に注目です。

◆さて話は一転。おととし12月にす・またん!ファミリー入りした鳥谷へ赤星さんが こんな質問。

赤:す・またん!っていう番組なんですけど、見たことありますか?どんなイメージですか?

鳥:関西ってこういう風に緩くやるんだなっていう感じが、まぁ関東人からしたらそう思いますね

赤:今日あの流れで緩くやらないといけないかなって思ってたけどインタビューするのにね

鳥;硬かったですね

赤:硬いでしょう これがどう出るかどうかって・・・

鳥:いいんじゃないですか たまにはちょっとカチッとした(笑い)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥:森さん明大さんおはようございます。ことし1年個人的にもチームとしても良い1年にしたいと思いますので、1年間応援よろしくお願いします。

赤:硬い 硬い お前が自分で緩い番組だって言ったやないか

鳥:どうやって緩くコメントしたらいいですか これで(笑い)