【関関戦 野球】関大 2年連続笑顔の白星!「4回生全員で戦えた」

◇第42回総合関関戦本戦1日目◇対関学大◇6月9日◇関西学院大学第3フィールド野球場◇

関学001 000 010=2
関大211 000 52X=11

(学)原田、延原、前川、安田、竹田、柴垣―永業
(大)池田、大棚、斎木-福岡、丸山

1(左)柳楽
2(遊)関本
3(右)辻
4(中)福重
5(三)上田
6(二)青倉
7(一)田中
8(DH)藤木康
9(捕)福岡
(投)池田

昨年、8年ぶりに勝ち星を挙げた総合関関戦。4年生主体で挑んだ今年も序盤から打線がつながると、投手陣も踏ん張りを見せ大差で勝利。2年連続の白星となった。

初回から関大打線が爆発し試合をリードする。2番・関本英実(政策4)が左前打で出塁すると、2死から福重大和主将(社4)の安打で二、三塁に。続く4番上田竜也(政策4)、青倉風助(経4)の右方向へのあたりで2点を先制した。

2回にも藤木康太郎(社4)、柳楽啓太(経4)のヒットで追加点。3回、初めて失点を許すも、その裏にさらに1点を加え相手の追随を許さない。

4回以降はしばらく両チームのスコアボードに0が並ぶ。その間もスタンド、ベンチともに熱気が溢れ、大声援が選手たちを後押し続ける。

そして7回。沈黙を破ったのは関大だった。先頭打者・柳楽が四球で出塁すると、立て続けに安打が飛び出す。打者一巡の猛攻でこの回一挙5得点を追加すると、続く8回にも2点を加え関学大を大きく突き放した。

一方の投手陣も強気の投球で打線に応えた。先発を任されたのは池田伊吹(商4)。「だんだん波に乗れていいピッチングができた」と5回までを最少失点に抑える。6回からマウンドに立った大棚光(経4)が、同じくこの回からマスクを被った丸山喬之(法4)と息の合ったプレーを見せると、8回からは斎木大史(経4)がバトンを繋ぎ、最後の打者をサードゴロに打ち取って試合を制した。

「4回生全員で戦えた」と福重主将は試合を振り返った。ベンチ、スタンド、そしてグラウンドに立つ選手全員が一体となってつかんだ勝利。最高学年が見せた熱い伝統の一戦は満開の笑顔で締めくくられた。【文:高木満里絵/写真:中西愛(関大スポーツ)】