200
   2018年8月11日放送
 

【カヌー・スプリント(カヤック)】遠藤環太 18歳 滋賀県大津市出身「オリンピックに出てメダルを獲りたい!」

<プロフィール>
遠藤環太(えんどうかんた)
☆2000年7月22日生 18歳
☆身長187cm 体重80kg
☆滋賀県大津市出身 堅田高校3年生
☆所属 オーパルカヌーチーム
☆カヌー・スプリント ジュニア日本代表
☆2歳下の妹・帆夏もカヌー・スプリントのジュニア日本代表

【琵琶湖で育ったカヌー少年】
流れのない河川や湖などを利用し、直線距離の着順を競う「カヌー・スプリント」
1人乗りのカヌーは全長5.2mで、パドル(櫂)の両端で水をかくのが「カヤック」です。この競技でオリンピック出場を狙っているのが滋賀県出身の18歳(堅田高校3年生)、遠藤環太選手です。
5歳の時、お爺ちゃんにカヌー教室に連れて行ってもらったのがカヌーとの出会いでした。
以来、風を感じながら進むこの競技の魅力にはまり、小学2年生から本格的に始めます。
そんな彼のホームグラウンドは琵琶湖。日本一の湖で持久力と万能性が鍛えられ、ジュニア日本代表に選ばれるまでになりました。目標はオリンピックでメダル獲得。2年後の東京五輪出場を狙っています。

【カヌー兄妹】
環太選手の2歳下の妹・帆夏さん(比叡山高校1年生)もカヌー選手。兄の影響でカヌーを始めた彼女もジュニア日本代表の逸材です。「兄はライバルというより目標」と語る帆夏選手。彼女もまた世界で戦える選手を目指しています。

今年の夏は兄妹揃って出場する最初で最後のインターハイ。兄は優勝を目指し、妹は決勝進出を目指してそれぞれの夏を駆け抜けます!