14
   2015年1月6日放送
 

【馬場馬術】 中村 公子 選手

北海道釧路市生まれ11歳の時に
神奈川県鎌倉市で馬術を始めた。
当時,「太っている」という理由だけで
壮絶ないじめに遭っていたそうで、
馬との触れ合いが唯一の安らぎだった。
日本大学に進学して本格的に競技を始めた。

卒業後は乗馬インストラクターとして働きつつ、
馬を借りて国体や全日本選手権に出場。
美しい騎乗姿勢は世界水準と評価され続けたが
「馬を買うことも、時間をつくって国際大会に
行くことも勤め人では無理」
と世界を目指せずにいた。

しかし国際大会に出る夢を諦められず、
2007年に一念発起。
借金を重ねた末に自身の乗馬クラブをオープンさせ、
翌年から奈良市の山中に落ち着いた。
7年目で今年のアジア大会出場までたどり着き、
団体銀メダルに輝いた。

次は世界進出を目指す。
「最後は東京五輪でみんなと喜びたい」と思い描いている。


馬術のおすすめ記事