【パラ競泳】一ノ瀬メイ 東大阪市スポーツみらいアンバサダー に就任!

パラスイマーの一ノ瀬メイ選手が東大阪市のアンバサダーに就任しました。
就任セレモニー終了後、同じアンバサダーの先輩で仲のいいパラアーチェリーの上山友裕選手と楽しい2ショットトーク。
動画をアップしました。ご覧下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東大阪に住んで5年目になる一ノ瀬メイ選手は、今年から社会人、近畿大学の職員として東京パラリンピックを目指します。
その一ノ瀬選手に東大阪市からスポーツみらいアンバサダーのオファーがあり、花園ラグビー場で就任式が行われました。

就任式はラグビーワールドカップ会場の花園ラグビー場のピッチで。

今年、社会人となった東大阪市役所の新入所者80人の前で一ノ瀬選手は、「みなさんと同じ日に同じ場所でスポーツみらいアンバサダーに就任で来てうれしく思います、今までは自分が誰かを目指す立場だったところから、今度は目指してもらえるような選手になれるようにしていきたいと思います。これからも一緒に頑張っていきましょう!」と挨拶しました。

この春、近畿大学を卒業、新社会人です

さらに……サプライズゲストとして登場したのは、パラアーチェリーの上山友裕選手。
一ノ瀬選手より一足先に就任した先輩アンバサダーの上山選手は、「東大阪に31年住んでいますけど、知名度はメイちゃんに負けているので、メイちゃんの背中を追いかけながら頑張ってきました。今年はラグビーワールドカップ、来年は東京2020という一大イベントがあるので、東大阪から盛り上げて、東京まで届くような応援をしていただきたいし、一緒に東大阪という市を盛り上げていきましょう」と笑いを交えながら、新社会人にメッセージを送りました。

ともにリオパラリンピックに出場、東大阪が誇る世界のパラリンピアンです

一ノ瀬選手と上山選手は、年齢は10歳離れていますが、東大阪を拠点として活動するアスリート、普段から連絡を取り合う仲です。
ともに東京パラを目指す「あすリート」の貴重なツーショットインタビューです。
インタビュー後のオフショットはこちら↕️