【ラグビー】神戸製鋼18大会ぶり日本一!ダン・カーター、いいもの見せてくれてありがとう なお近鉄は日野と入替戦へ

週刊ひがしおおさかさんの提供記事です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年12月15日(土)。週刊ひがしおおさかはスタッフを総動員し、3つの会場に向かいました。
日本選手権決勝戦兼トップリーグ総合順位決定戦決勝が行われる東京・秩父宮。
近鉄ライナーズとの入替戦の相手が決まる順位決定戦、
日野レッドドルフィンズvs宗像サニックスが行われる大阪・キンチョウスタジアム。
そして元近鉄ライナーズ・現清水建設ブルーシャークの高忠伸選手が出場する三地域チャレンジマッチが滋賀・皇子山で開催。

そう、この日は日本ラグビー界大忙しの日。
日本最高峰のラグビーリーグである、トップリーグの総合順位決定戦が各地で行われていたのです。
加えて週ひが的に大注目の試合があり、どの試合に行ってもライナーズファン的にハズレ無し。
ライナーズに直接関係がある試合もめちゃくちゃ気になりますが、日本ラグビーの頂上決戦を見届けたい記者・ミホロボットは秩父宮へ。
嗚呼、体が3つに分裂できれば良いのに。

やってきたぜ秩父宮。今回は新幹線のため、体調はすこぶる良い。

決勝戦の神戸製鋼コベルコスティーラーズvsサントリーサンゴリアスを一目見ようと、
17,401人もの観客が押し寄せた秩父宮。指定席が売り切れる満員御礼状態となりました。
東京にホームグラウンドをもつサントリーのファンが大多数を占めると思いきや、今日は神戸製鋼のレッドカラーがスタンドの半分を占めます。
優勝に王手をかけ、関西から多くのファンが駆けつけたのです。
バックスタンド、ゴール裏まで観客がぎっしり。

結果は55-5の大差をつけ、神戸製鋼がサントリーを破って優勝。
18大会ぶり10度目の日本選手権優勝、15季ぶり2度目のトップリーグ制覇となりました。
おめでとう、神戸製鋼!ようやくこの日が来た。

開始2分で先制トライを決め、ゲームを支配した神戸製鋼。
アタック・ディフェンスともに上回り、前後半合わせて8トライをあげての圧勝です。
昨シーズンまで2季連続優勝のサントリーを突き放した快進撃。誰がここまでの点差を予想したことでしょう。
「神戸製鋼ファンのみなさん、お待たせしました!」
試合直後のインタビューで、橋本大輝キャプテンはファンと勝利を分かち合います。
「ラグビーって楽しいですね。こんなに楽しいんだと思いました。」と最高の言葉で今季を締めくくる橋本キャプテン。手には故・平尾誠二さんの写真が。

サントリーは後半に立て直す力を持つチーム。
「後半最初の10分で2トライを取ることができたので、勝利を確信しました」
と勝負の分かれ目を語るのは、今シーズン司令塔として神戸製鋼を勝利に導き続けたダン・カーター。
元オールブラックスのSOは、スキルだけではなくチームの精神的支柱となりました。
神戸製鋼を無敗の優勝へ導いた、今季入団のダン・カーター。本物かっこいい。

カーターはこう言います。
「自分自身が成長したいと思い、神戸製鋼に来ました。リーダーシップを取ったり、若手にアドバイスしたり、できることをした。
でも、今日の勝利は自分がいたからではなく、全員が貢献したのでこの結果になったんです。」
「決勝だからといって特別なことをするのではなく、今までやってきたことを信じることが大事です。」

その通りだカーター。関西のラグビーをこんなにも熱くしてくれてありがとう。
後半6分、アダム・アシュリー・クーパーのトライ。勝利を確信したダン・カーターらが駆け寄るシーン。

週刊ひがしおおさかは、神戸製鋼の優勝をいちライナーズファンとして見ていました。
かつては「関西のチームといえば近鉄」で、誰からも憧れられた存在のライナーズ。
今は神戸製鋼が「関西のチームといえば」になっています。
そりゃあもう憧れる。無敗でチャンピオンなんて超憧れる。この光景をライナーズで見たい。

長い歴史の中で、その立場を譲っていることは確かです。
ライナーズももう一度憧れられる存在にならなければならない。古豪と呼ばれてはならないのです。
チームのビルドアップ、マインドセットの仕方…神戸製鋼の優勝から学べることは多いはず。

ライナーズを再建し、もう一度トップリーグへ。そして日本一へ。
その一歩となる一戦が、12月23日(日)に行われます。今日の13位決定戦に破れ、14位が確定した日野レッドドルフィンズとの入替戦。
埼玉・熊谷ラグビー場にて13:00キックオフ。勝利すればトップリーグに復帰となる、大一番です。
頼むぞ、ライナーズ。花園で見せた、この笑顔を見せてくれ。


さあ、宿の準備と交通機関の手配はできたかい?
結局ライナーズ至上主義の我々が言いたいのはこの一言。
絶対に勝って、花園に帰ろう。

WE ARE LINERS!



text by 野口美保(週刊ひがしおおさか)


[週刊ひがしおおさか プロフィール]
東大阪の地域情報サイト・週刊ひがしおおさか。 
地域のグルメやイベント情報を日々アップしていますが、特に力を入れているのはラグビー。
花園に拠点をもつラグビーチーム「近鉄ライナーズ」のことならおまかせ!
全試合情報とマッチレポートを熱く、詳しくお伝えします。